成人式のお祝い!金額の相場はいくら?渡すタイミングやマナーは?

1月はお正月や鏡開きを終えるとあっという間に成人式 がやってきますね。

成人式は大人の仲間入りを祝う大切な行事です。




大人になったお祝いをこめて、
新成人にご祝儀を渡そうと考えている人も多いのではないでしょうか?

成人式のお祝いは一体いくらぐらい渡せばいいの?

成人式のお祝いに相場というのはあるの?


今回は成人式のお祝いの相場やお祝いを渡す時のマナーについて調べてみました。

Sponserd Links


成人式のお祝いの相場はいくら?


一般的に成人式のお祝いの相場は
1万円~5万円 といわれています。

お祝いの相場は大体このぐらいなんですが、
お祝いを渡す成人とあなたの関係性によって金額は変化します。

成人式のお祝いの相場は、成人式を迎える人が

●自分の子どもなら   1~5万円
●孫なら      1~5万円
●甥や姪なら      1~3万円
●兄弟なら       1~3万円
●それ以外の親戚なら  5千円~2万円
●知人やその他なら   5千円か~1万円

と、お祝いの相場にも開きがあります。

また、成人式のお祝いを相場よりも少なくして
質の良いスーツネクタイ、万年筆、バッグなどをプレゼント する人もいます。

社会に出て必要になりそうなものを
成人式のお祝いとしてプレゼントするのもひとつの方法です。

以上のことをふまえた上で、成人式のお祝いの金額を考えてみてくださいね。

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


成人式のお祝いを渡すときのマナー

成人式のお祝いはいつ渡す?


では、成人式のお祝いはいつまでに渡せばいいのでしょうか?

一般的に、成人式のお祝いは成人式の当日もしくは前日までに渡すのがマナーとされています。

成人を迎える人が近くに住んでいない場合は、
お正月に集まった時などにお年玉と一緒に渡したり
成人式当日までに現金書留で送るなどして成人式の当日までには渡す ようにしましょう。

ただ、成人式には振袖のレンタル費用、振袖の着付け代、写真撮影費用などさまざまな費用がかかるので
できれば早めに送ってあげた方が喜ばれると思いますよ。

成人式のご祝儀袋の書き方


成人式のお祝いの金額と渡す方法が決まったら、次はご祝儀袋の書き方です。

これは成人式のお祝いに限らずですが、
金を渡すときに現金をそのまま渡すのはマナー違反です。

成人式のお祝いはご祝儀袋に入れて渡しましょう。

ご祝儀袋といっても色々とありますが、
成人式のご祝儀袋は紅白の蝶々結びのもの を選びましょう。




そして、表面には

・御成人
・祝御成人
・御祝祝成人式
・成人お祝い


のどれかを選んで書きましょう。


ご祝儀袋にお金をいれるときは水引(真ん中の紐です)は外す必要はありませんよ。

こちらの動画を参考にしてみてください。



成人式のお祝いにメッセージは必要?

成人式のお祝いを渡すときにメッセージは必要なのでしょうか?

これは必ずしも必要ではないですが、
短くてもいいので新成人に向けて一言メッセージを添えてみてはどうでしょうか?

私も祖父から成人祝いをもらったときに、
祖父の直筆で(毛筆で書いてありました)一言メッセージが添えられていてとても嬉しかったのを覚えています。

そのメッセージは今でも保管していて、たまに見返すと元気が出ますよ。

それでは、あなたのやり方で新成人を祝ってあげてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする