鏡開きの由来や意味は?鏡開きっていつやるの?

1月はお正月などたくさんの行事が盛りだくさんですよね。

今回はその中でも「鏡開き」について解説していきたいと思います。
鏡開きという言葉は知っていても
鏡開きの由来や意味は知らないという方もいるのではないでしょうか?

ということで今回は鏡開きの由来や意味についてまとめてみました。

Sponserd Links


鏡開きとは? 鏡開きの由来や意味って何?


鏡開きとは、お正月に飾った鏡餅を下げて、
お雑煮やお汁粉にして食べる行事です。


鏡餅には神様の魂が宿っているとされ、
その鏡餅を食べて神様の力をいただくことで、1年間の無病息災を願う行事が鏡開きです。


鏡開きの意味

では鏡開きにはどんな意味があるのでしょうか?

すでに簡単に紹介しましたが、ここではより詳しく説明していきます。


まずお正月とは、「歳神様」 をお迎えする行事です。

歳神様とは、その年の福をつかさどる神様です。

正月が近づくと鏡餅や門松、しめ縄などの正月飾りを飾りますが、
これはすべて歳神様をお迎えする準備なのです。

なかでも歳神様へのお供え物である鏡餅には歳神様の魂が宿る とされています。


歳神様は「松の内」をすぎるとお帰りになるので

その歳神様の力が宿った鏡餅を食べて、その年の無病息災を願う 、

これが鏡開きの意味です。

鏡開きの由来

鏡開きは、もともとは新しい年の仕事初めの儀式でした。

武家では、男性が具足餅 (ぐそくもち) (兜や鎧に供えた餅)
女性が鏡餅 (鏡台に供えた餅)
をそれぞれ雑煮にして食べていたことが鏡開きの始まりです。

また、武家社会では「切る」という言葉が「切腹」を連想させるということで好まれませんでした。

そのため鏡餅を切るのではなく小槌などで割っていたんですが、
「割る」という言葉も縁起が悪いため、
「切る」の忌み言葉として「開く」という言葉を使い、
「鏡開き」 と呼びました。

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


鏡開きはいつから?

鏡開きは「松の内」が過ぎた後行われます。

鏡開きが行われる日は地域によって異なり、
関東では1月11日、関西では1月15日 に行われることが多いです。


地域によっては松の内を1月15日までとし、鏡開きを1月20日に行うこともあります。


鏡開きは住んでいる地域によって異なるので
住んでいる地域の習慣を合わせて行いましょう。

鏡開きのマナーは?

鏡開きでは、守らなければいけないマナーがあります。

それは、包丁などの刃物で鏡餅を切ることです。

先ほども説明しましたが、鏡開きは武家社会の習慣です。

武家社会では刃物で餅を切ることが切腹を連想させるため、
縁起が悪いとされていました。

なので、鏡開きの時には包丁で餅を切らず、
小槌や手でお餅を割るようにしましょう。

鏡餅を食べるときはお雑煮?それともお汁粉


鏡開きのときのお餅は皆さんどんなふうに食べているでしょうか?

一番メジャーなのは、お雑煮かお汁粉にする方法です。

あるアンケートによりますと、
お汁粉で食べる人が全体の半分程度、お雑煮で食べる人が約30%、
残りの約20%はそれ以外の方法で食べているという回答でした。

ちなみにその他というのは、

あられやおかき、もんじゃ焼き、しょう油餅、チーズのせ、納豆和えなどさまざまです。

色々な楽しみ方があるので、お好みの方法で鏡開きを楽しんでください。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする