お年玉の由来と意味は?お年玉の渡すときのマナーって?

お正月といえばお年玉

もらう側にとっても、あげる側にとっても
大きなイベントですよね

お年玉といえば「お金をあげること」ですが、
もともとのお年玉の意味や由来を知っていますか?

ということで今回は
お年玉の由来と意味について解説していきます!

Sponserd Links

お年玉の由来と意味は?


お年玉といえば、お金

今ではこれが当たり前ですが、
昔からそうなんでしょうか?

それではまず、お年玉という習慣が
どのように始まったかについて話していきます。

そもそも、日本には古くから正月行事として、
「歳神」 を迎える習慣がありました。

「歳神」とは、 その年の を司る神様 のことです。


そして歳神様は、五穀豊穣の神様でもあったので、
農耕民族だった日本人には
とてもありがたい神様だったのです。


そしてお正月にはすべての家に
歳神様がやってくると考えられていました。

その歳神様をお迎えするために
鏡餅 や門松、しめ縄などの正月飾りを用意していたのです。

そして、この歳神様にお供えした鏡餅を
御歳魂(おとしだま)として
子供たちに分け与えた
ことが
お年玉の由来であるとされています。


今説明した通り、昔はお餅をあげていたんですが、
室町時代ぐらいからは
金品がお年玉として贈られるようになります。

室町時代には扇や茶碗など
様々なものを贈っていたようですよ。


そして、お年玉としてお金を渡すようになったのは
高度経済成長期の時期
ぐらいからなので
まだ数十年程度の習慣なんです。



ということでお年玉はもともと
神様へのお供え物を分け与えた
ことから始まっていたんですね!


現代ではお年玉といえばお金ですが、
お年玉として何をあげるかは
時とともに変化しているんですね。

それにしても室町時代に
お年玉として扇をあげてたなんて雅で良いですね!


Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">




お年玉のマナー

さて、お年玉の由来と意味の次は、
実際にお年玉をあげるときのマナーについて解説していきます。

個人的には「お金を抜き身で渡しさえしなければ良いでしょ」、
と思ってしまいますが、
お年玉をあげる時にも色々とマナーがあります。

そうしたマナーに厳しい方が親戚の中にいる可能性もあるので
いざというときに慌てないように知っておきましょう!

お年玉のお札の折り方

普通、お年玉を渡すときは
お札を折って、お年玉袋に入れて渡します。

お札の折り方も、
お年玉袋に入ればいいわけではなく、
きちんとした折り方があります。

お年玉袋に入れるお金を折る場合、
お札の肖像が内側になるようにして
左から三つ折り
にしていきます。

四つ折りは縁起が悪い のでやめましょう。

お札を三つ折りにしたら
お年玉袋を表にしてお札の天地が逆にならないように入れましょう。

ところで、硬貨にも裏表があります。
硬貨の場合は絵と漢数字がある方が表なので、
そちらを表にしてお年玉袋にいれましょう。

製造された年があるほうは裏なので注意してください。

お年玉には新札を用意するべき?

日本では、何かの祝いごとのときには
新札 を用意します。

なので、お年玉にも新札を準備するのが望ましいでしょう。


お年玉を渡すときはお年玉袋がないとだめ?

これはお年玉だけに関わらず、お金を渡すときには
お金が見えないように何かに包んで渡すのがマナーです。

お年玉袋がなければ、ティッシュでもいいので
必ず何かで包んでから渡しましょう。



もう市販のお年玉袋には飽きた!という方には
折り紙で作るお年玉袋もあるので
試してみてはいかがでしょうか?

折り紙なら、普通のお年玉袋とは違った柄があるので
一味違ったお年玉袋になりますよ。





まとめ

では、今回のまとめです。

お年玉の意味と由来
・お年玉はもともと神様にお供えしたあとの鏡餅を分け与えたのが始まり
・室町時代頃から金品(扇谷茶碗など)をお年玉として渡していた
・お年玉としてお金を渡し始めたのは、高度経済成長期ぐらいから

お年玉を渡すときのマナー
・お年玉は新札を三つ折り、札も硬貨も表裏を間違えないように
・お年玉は必ず何かに包んで渡す

今回はここまでです。
お年玉は人数が多いとかなりの出費になりますが、
元気な甥や姪の姿が見られるのはうれしいですよね。

お年玉の準備を完璧にして
楽しいお正月をお過ごしください!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする