おみくじの待ち人の意味って?待ち人って恋人だけじゃないの?

初詣に行ったら必ずおみくじを引く!
という人も多いと思います。

私も年が明けたら必ず神社に初詣をして
おみくじを引いています。

おみくじの運勢を舐めるように見ていてふと、
おみくじの待ち人 って恋人だと思っていたけど本当に恋人だけなのかな?

と思ったので調べていきたいと思います!

Sponserd Links


おみくじの待ち人の意味とは?

さて、早速ですがおみくじの待ち人の意味なんですが
おみくじの待ち人の意味は
恋人や自分のことを待ってくれている人ではなく、

自分の人生を良い方向に導いてくれる運命の人

自分の人生の転機となるような人


を指しています。

つまり、おみくじの待ち人は
恋人や友達として現れるかもしれないし、
職場の同僚として現れるかもしれません。

思っていたより待ち人の意味は範囲が広かったですね^^;

ちなみに、待ち人来ずと書いてあっても
絶対に来ないという意味ではなく、

自分の努力次第では来ることもある

という意味だそうです。

おみくじは本来、「運勢が悪かったからだめ!」ではなく
より良い1年にするにはここに気をつけた方が良いよ~
という趣旨のものなので、

「待ち人来ず」と書いてあっても
「でも自分の努力次第では来るし~」
とプラスに考えましょう。

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


おみくじの待ち人と一緒に使われる音信って何?

おみくじの待ち人の項目によく出てくるのが
「音信」

私は「おんしん」って読んでたんでうが、
「おとずれ」と読むそうです。

ひらがなで「おとずれ」と書いてあるおみくじもありますもんね。

で、このおみくじの「音信」の意味なんですが
前触れ、予兆、連絡

です。

なので、音信ありとなっていた場合には
待ち人から連絡が来る
といった意味になります。

さて、今回はおみくじの待ち人の意味について
解説しましたがいかがだったでしょうか?

おみくじがこの1年の運勢を決めるわけではないので
おみくじに書いてあることにきをつけて
より良い1年にしていきましょう!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする