お年玉の相場って?高校生にはいくらあげるべき?

子どもたちにとって、お正月といえばお年玉!

私も子供の頃はお年玉をすごく楽しみにしてたんですが
渡す側になってみると、結構な出費・・・

そもそも高校生にお年玉はあげなくては良いのでは?
という疑問も・・・

ということで今回は
高校生にあげるお年玉の相場について調べてみました。

Sponserd Links

高校生にはお年玉をあげるべきなのか?


高校生のお年玉の相場の前に、
まずは高校生にお年玉はあげるべきなのか?
というテーマについて。

私が高校生のときは、
祖父母はお年玉をくれましたが、
両親は一度もくれませんでした。

私は両親からお年玉をもらったことがなかったんですが
友達や今高校生のお子さんがいる方に聞くと
親からもお年玉をあげている
とのこと。

金額は親戚が子どもにくれる額よりも
少ない金額だそうです。

祖父母からのお年玉は、
母方からはもらえたけど、父方はくれなかった。
もしくはその逆、という人もちらほらいるようですが、
一般的には学生の期間は渡す ようですね。

親や親戚の間で渡さないと決めていない限りは
お年玉をあげるのが一般的です。


Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">



高校生にあげるお年玉の相場は?


では、高校生にあげるお年玉の相場を
見ていこうと思います。

お年玉の相場を調べてみると
高校生には5000円~10000円渡す人が
全体の約50%
を占めていました。

やっぱり高校生にもなると金額が跳ね上がるようです^^;;

10000円以上あげるという人も
全体の約20%になっています。

親戚が多い人はうらやましいですね!

ただ、血縁関係によって金額を変える という人もいるようで、
例えば、「自分の兄弟の子どもには10000円、
親戚の子どもには5000円」といったかたちです。

わりと頻繁に顔をあわせる子には5000円以上、
めったに合わない子には5000円以下という考え方のようですね。

まとめ

では、今回の記事のまとめです。

・高校生のお年玉の相場は5000円~10000円
・血縁関係が近ければ多め
・一般的には学生の間はお年玉を渡す

最後まで読んでいただき、ありがとうございました、


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする