健康

耳鳴りを起こす原因は?音はキーン、シー、ボーなどさまざま

2016/05/06

当然聞こえてくる耳鳴り。

耳鳴りを経験したことがあるという人は、
結構多いんじゃないでしょうか。

聞こえてくる音は色々とあるようですが、
多いのは
「キーン」という音、
「シー」という音、
「ボー」という音・・・

なぜ耳鳴りがするのか?
どうしたら耳鳴りが止まるのか?
ストレスで耳鳴りになるのか?

ということを調べてみました。

Sponserd Links

耳鳴りの原因は?

もちろん、耳鳴りを伴う病気はありますが、
多くの場合は生活習慣が原因がと言われています。
ということで、耳鳴りの原因を順番に紹介していきます。

im

自律神経の乱れ

自律神経が乱れると、耳鳴りが起きやすくなります。

そしてこの自律神経の乱れはストレスによって引き起こされます。

ストレスが全く無い生活というのは無理でしょうが、

自分なりのストレス解消法を見つけることはもちろんのこと、

必要以上に自分を追いこまないようにしましょう。

体が耳鳴りを引き起こしやすい状態

ストレスだけでなく、耳鳴りが起きやすい体の状態というものがあります。

それは
体の疲れ、睡眠不足、眼精疲労などです。

意識的に休息を取ったり、自分なりの安眠方法やリラックス法を見つけることが大切です。

特に睡眠不足だと、体の疲れも取れませんし、眼精疲労も回復しません。

私の安眠方法はお風呂に20分以上つかる、朝散歩をする です。

まずお風呂についてですが、
お風呂に入ると体温が上がり、そのあとは徐々に下がっていきます。

これが睡眠を誘発するためです。

次は朝起きてすぐの散歩 です。

睡眠不足なのになんで睡眠時間を削って散歩するんだと思われるかもしれません。

私も以前はそう思っていました。

私はここ数年、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、どれだけ寝ても昼間眠い、体がだるい、頭痛などの症状がありました。

単に睡眠不足が原因だと思っていたので、1週間毎日9時間寝てみたりしましたが改善されませんでした。

そのとき、朝散歩をすると良いという話を聞いて半信半疑でやってみたら1か月程度で上記の症状が改善され始めました。

今は以前よりはるかに寝つきも良くなりましたし、夜中に目が覚めることはありません。

昼間眠いこともほぼありませんし、体がだるいということもなくなりました。頭痛も前より少なくなりましたね。

これは散歩によって睡眠の質が上がったからなんです。

睡眠にはある程度の長さも必要ですが、
質も重要です。

どれだけ寝ても眠いという方は、睡眠の質を上げることを心掛けてみてはいかがでしょう。

睡眠の質を上げる方法はこちら

最後に眼精疲労なんですが、

目が疲れている方ってかなり多いと思います。

パソコンの前に8時間もいたら目が疲れて当たり前ですよね。

私は眼精疲労対策としてホットアイマスク を使ってます。

目の上に15分ぐらいのせておくだけなんですが、

やる前とやった後では大違いです。

ホットアイマスクをして目をつぶればいつの間にか寝ちゃってます。

私のおすすめのホットアイマスクはこれです。

使い捨てのホットアイマスクは、人工的なフローラルな香りとかミントの香りがして苦手なんですが、
これはあずきの匂いなのでまだ自然で良いです。
レンジで温められて何回も使えるのがいいですね。

血行が悪い

耳への血の流れが悪いと、難聴や耳鳴りの原因になります。

そのため、血の流れを良くすることで耳鳴りが改善される場合があります。

お風呂に入ったり、適度な運動をすると良いでしょう。

病気

ここまでは耳鳴りを引き起こす生活習慣を挙げてきましたが、

耳鳴りを引き起こす病気もあります。

突然片方の耳が聞こえなくなってしまう 突発性難聴

耳鳴りと同時にめまいを伴う メニエール病

などがあります。

どちらの病気も進行すれば治療が難しくなってしまいます。

耳鳴りが続いて心配な場合は早めに病院で検査してもらいましょう。

まとめ

耳鳴りの原因治療法を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

耳鳴りは現代に医学でも原因が明確には特定できていない症状です。

体の疲れだけでなく、ストレスなど複数の原因によって起こっている可能性もあります。

もちろん病気の症状として耳鳴りが起こっている場合もありますが、

生活習慣によって引き起こされている場合も多々あります。

耳鳴りを放置せず、

自分が疲れている、ストレスを受けているということを認め、

自信の体と向き合うことが必要かと思います。

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


Sponserd Links

-健康
-,