赤ちゃんが布団を蹴るのはなぜ?風邪を引く前に知っておきたい対策


赤ちゃんってじっとしているかと思えば、
早い内から器用に足で布団蹴飛ばしてたりしますよねー。

自分の子供がたまたま物凄く足癖が悪いだけなのかと思っていましたが、
よくよく周りに聞いてみると、
寝ている時に冬でも蹴っちゃう子って結構多いみたいですね。

でも、なんで蹴ってしまうのでしょうか?

ここでは、
赤ちゃんが布団を蹴る理由とその対策についてまとめました!

赤ちゃんが布団を蹴る理由


1番の理由はシンプルで、
単に「暑い」からなんです。

どんなに寒い時期でも
新陳代謝がとても活発なので、
薄めの布団やブランケットでさえも
被っているとすぐに体温が上がってしまうんです。

暑くなり過ぎないようにと
布団の薄さに気を付けていても、
大人の2倍汗っかきの赤ちゃんの体はすぐに熱を持つので、
溜まった熱を逃がそうと無意識に蹴飛ばしてしまうんです。

大人から見ると、
「こんな薄い布団でも暑いの?」
と疑問に思ってしまいますが、
やっぱり赤ちゃんって私たち大人が想像する以上に凄く暑がりなんでしょうね。

他に、寝がえりや寝相で布団を置いて行ってしまう、
布団の重さが嫌という理由の時もあります。

布団が重い場合は掛けてすぐ嫌がることが多いので、
寝かし始めたときから嫌がっているようでしたら、
軽いブランケットに変えてみるといいですよ。

赤ちゃんはなんといっても、
自分で布団を被り直すことができないのがやっかいなんですよね。

次ではパパやママが知らぬ間に赤ちゃんが布団を蹴ってしまっても、
安心できる対策をご紹介します!


布団を蹴ることへの対策2つ


冬の寒い時期でも、
暑く感じて蹴っ飛ばしてしまうこともよくあります。

赤ちゃんは自分では掛けなおすことができないので、
お腹を冷やして風邪や下痢になってしまうかもしれません。

夏でも、冷房をかけていると何も掛けていないと
すぐ体全体が冷えてしまいます。

よいうことで、ここでは蹴ってしまうことに対しての対策を2つかご紹介します。

スリーパーを着せる

スリーパーってご存知でしょうか?

私も自分の子に肌寒い時期から真冬の時期と
長い間活用していました。

体に沿ってボタンでしっかり固定して着せられるので、
動いても脱げません。

寝巻の上に着せて、
布団がなくても布団代わりに体の中心を包んで温めてくれるので、
寝ている時に布団を蹴ってしまっても
体が冷えてしまう心配がありません。

私が使っていて、おすすめのスリーパーは
「フィセル ホッペッタ 6重ガーゼスリーパー」です。



6層のガーゼが重なってできていて、寒い時は温かく、暑い時は汗を吸収してくれます。

綿100%素材なので、赤ちゃんの肌にも優しいです。
薄くて軽いのですが、保温性に優れ、
暑い時は汗を素早く吸収してさらさらに保つよう出来ているため、
真夏以外のほぼオールシーズンで使用できます。

3歳まで長く使えますよ!

腹巻付きズボンを履かせておく

これは特に暑い時期、夏に重宝します!

腹巻が予め付いているズボンをパジャマとして買っておくと、
普通の腹巻よりも動いてズレることもなく、
布団を蹴ってしまっても、
腹巻がお腹の冷えを防いでくれるので、とっても便利です。

私はベルメゾンで
「メッシュはらまき付きステテコ」を買って、
パジャマ用のTシャツを腹巻の中に入れ込んで使っています。

夏の暑い間はずっとこれを寝るとき履かせているお陰で、
暑すぎて起きることもなく、下痢や風邪になることもなく過ごせています。

まとめ


今回は
1. 赤ちゃんが布団を蹴る理由
1 暑いから
2 寝相や寝がえりで体が動くから
3 布団が重いから
2. 布団を蹴っても、体を冷やさないために
1 スリーパーを着せる
2 腹巻ズボンを履させる

の順で紹介してきました!

小児科の先生曰く、
「体の中心部分を温かくしておけば、手足が冷えてても大丈夫」
とのことでした。

赤ちゃんは手足から熱を放出して体温調節をするので、
むしろむき出しのままの方が健康的と言えます。

冬でも、お腹や背中を触って温かければOKですよ。

とにかく、時期に関係なく
お腹が冷えないようにパパやママが工夫することが大切です。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする