赤ちゃんの夏のお散歩!!暑い日の対策や必需品とは?


赤ちゃんが産まれて最初の1ヶ月は、
みなさんお家にこもっていると思います。

しかし1ヶ月健診で問題がなければ、
徐々に赤ちゃんにも外の世界を見せてあげたいですよね!

お散歩に行くと
赤ちゃんはたくさんの刺激を受ける事が出来るので、
出来るだけお散歩させてあ げたいと思うママは多いと思います。

ですが、夏の暑い時期になると日差しが強く、
赤ちゃんだけでなくママも暑さにやられてしまうため、
なかなか外に出るのは難しいですよね。

私も3歳半と1歳半の姉妹のママですが、
去年の夏はまだ下の子が1歳前だった事もあり、
お散歩 に行くは時は悩みました。

上の子がいると、ずっと家にいるわけにもいかないですよね。

そこで今回、
赤ちゃんの夏のお散歩について、
おすすめの時間帯や必須アイテム、
お散歩に行く 時の注意点
などをまとめてみました。

お散歩に行くなら朝か夕方


近年の夏はどんどん暑くなっているように感じますよね。

実際、猛暑日を記録する日も多く、
紫外線も年々強くなっていると言われています。

真夏は30℃を超える日も多く、
赤ちゃんとお出掛けをするのも一苦労です。

お散歩に行くのは
赤ちゃんにもママにも気分転換になると思いますが、
暑い中無理して行く必要 はありません。

特に、一日の中でも
10~15時は紫外線が強い時間帯なので控えましょう。

お散歩に行くのなら、気温が低めの、朝か夕方がおすすめです。

忙しい時間帯はそのお家によって違うと思うので、
ママの行きやすい時に行くのがいいですね。

うちはよく、夕方にお買い物に行ってました。

暑い日は、夕方でもまだ熱が残っている時もありまし たが、
日中に比べれば全然マシです。

あとは、
赤ちゃんのおむつや授乳のタイミングも考えて
お散歩タイムを決めましょう。

赤ちゃんがグズってしまった時に少しだけお散歩するのも、
リフレッシュになっていいですね。

どうしても暑い時間帯になってしまう場合は、
短時間にし、水分補給や日焼け対策などを忘れな い様にしましょう。

短時間を複数回、もアリ!


春頃なら涼しく、30分くらいお散歩が出来ていたとしても、
夏は長くても15分くらいにしておきまし ょう。

気温が下がる時間帯でも、
体温の高い赤ちゃんはたくさん汗をかいてしまいます。

特にまだ歩けない1歳未満の赤ちゃんは、
ちゃんとしたお散歩と言うよりも気分転換と考え、
5分く らい外に出るだけでも大丈夫です。

グズってしまったらお散歩をして、
汗をかいたらシャワーをして、
離乳食を食べて授乳をすれば、
赤ちゃんもすんなりとお昼寝をしてくれると思います。

外に出て外気に触れると抵抗力がついたり、
体内時間が整ったりと、
赤ちゃんにとってお散歩はた くさんのメリットがあります。

しかし、ママも夏バテになることもありますし、
夜泣きによって睡眠不足になる事も多いです。

ママの体調が良くない時に
無理をしてまでお散歩をする必要はありません。

近所にお買い物に行き、
スーパー内を歩いているだけでも気分転換になるので、
ママが辛くないペースで外に出るのが大切です。

お散歩の持ち物


夏場のお散歩の持ち物は、
普段の持ち物に加え、
紫外線対策、熱中症対策、虫さされ対策の物
が必要です。

・麦茶や湯冷ましなどの飲み物
・汗ふきのタオルやガーゼ
・虫よけスプレー
・日焼け止め
・身体を冷やす為の保冷剤や濡れタオル

赤ちゃんは熱中症や脱水症状になりやすいので、
5分くらいの短時間のお散歩でも、
飲み物は持 って行きましょう。

もう少し長くお散歩に行くのなら、
保冷剤をタオルで包んで持っていくと、
首の後ろやおでこなど冷 やしやすくて便利です。

夕方に行く場合は虫が出やすいので、
虫よけ対策を忘れない様にしましょう。

紫外線対策を忘れずに!



赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄く、
紫外線のダメージを受けやすくなっています。

外出をする時は赤ちゃんの紫外線対策は忘れない様にしましょう。

直射日光を避けるためにも、帽子を被るといいですね。
嫌がる子もいると思いますが、
夏の外出 には帽子は必須なので、
習慣づけるためにも外出の度に帽子を被せるようにしましょう。

半袖を着せるのなら、日焼け止めも活用するといいですね。

その他にも、
UVカットの薄手のパーカーやレッグウォーマーなどがあると、
着脱しやすいので便 利です。

どのくらいお散歩に行くのかにもよりますが、
抱っこひもで行くのかベビーカーで行くのかも迷いま すよね!

抱っこひもなら日傘を使えばママもカバーできますし、
ベビーカーならUVカットのブランケットなど がおすすめです。

ちなみに、私はレッグウォーマーとUVカットのブランケット、
日焼け止めを使っていました。

レッグウォーマーは
100円ショップに売っている大人用のアームカバーをリメイクしました。

もしか したら素材的に嫌がる子もいるかもしれませんが、
UVカットで風通しの良い素材だったので、
熱がこもらずいいかな~と思いました。

作り方は、赤ちゃんの足を目安にしてレッグウォーマーの長さを決め、
切って、内側に折り返して 縫い、中にゴムを通すだけです。

手縫いで簡単に出来ますよ!

UVカットのブランケットは、
抱っこひもでもベビーカーでも使えるものです。
クール素材で出来て いて、
風通しも良いので、赤ちゃんも快適です。
長く使えておすすめですよ。

こちらがその商品です。



水分補給はこまめに!

https://www.photo-ac.com/dl/?p_id=262605&sz=s&f=4d1f6cbcc13cf7879d077a8724604211

夏の外出で一番怖いのは熱中症です。
赤ちゃんは体温調節がまだ上手く出来ないので、
熱中症 になりやすく、重症化しやすいです。

赤ちゃんは大人の3倍も汗をかくので、
脱水症状にならないためにも
水分補給はこまめにしましょ う。

顔や身体が赤く熱を持って、ぐったりとしている様なら、
熱中症の可能性があるので救急車を呼ん でください。

赤ちゃんは熱がこもりやすいので、
お散歩の途中で顔が真っ赤になってしまったら、
無理をせずに 木陰で休憩しましょう。

風邪で熱を出した時の様に、
保冷剤などで首の後ろや脇、足の付け根を冷やすのが効果的で す。

やけどに注意

お散歩で公園を通りがかった時など、
少し遊具で遊ぶ事もあると思います。

真夏の遊具は、炎天下で熱くなっている事が多いので、
やけどをする可能性があります。

特に金 属部分は熱いので、
ママが触ってみて、温度を確かめてから遊ばせましょう。

自宅の物だと、
自転車のサドルやチャイルドシートも危険です。

特にチャイルドシートのバックルは熱くなりますし、
短パンやスカートで足が出ていると、
太ももに 直接金属部分が当たってしまう可能性もあるので注意しましょう。

お散歩の後はシャワー


夏場のお散歩は、短時間でも汗をかいてしまいます。

そのままにしておくと
あせもが出来る原因にもなりますし、
冷房のきいた室内で汗が冷え、
風邪を ひいてしまう可能性もあります。

お散歩から帰ってきた後は
濡れタオルで身体を拭いたり、
シャワーを浴びるなどして着替えをしま しょう。

一日に何度もシャワーで「石鹸を使って」身体を洗っていると、
肌が乾燥してしまうので、
何度かシ ャワーを使ったとしても、
日中は汗を流す程度に軽くシャワーを浴びれば十分です。

シャワーの後は保湿を忘れない様にしましょう。

まとめ


・お散歩は毎日無理して行く必要はない
・1歳未満なら特に、5分くらいの短時間で十分
・真夏のお散歩は朝か夕方がおすすめ
・お買いものだけでも十分なので、ママの辛くない様にする
・紫外線対策や熱中症対策、虫よけ対策はしっかりしておく
・何があっても、飲み物だけは忘れない様にしましょう

これが、夏に赤ちゃんとお散歩をする時のポイントです。

お散歩をしながら
赤ちゃんにいっぱい話しかけたりすることで、
赤ちゃんとたくさんのコミュニケー ションを取ることができますし、
外には初めて見る物も多く、
たくさんの刺激を受ける事もできま す。

様々な刺激を受けて赤ちゃんは成長していきますが、
必ずしも毎日お散歩をしなければいけない
という事ではありません。

天候や赤ちゃんの体調、ママの体調をみながら、
無理をせずにお散歩が出来るといいですね。

ぜひ赤ちゃんとのお散歩を楽しんで下さい。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする