赤ちゃんが快適に過ごせる夏の服装とは?夏場の服にもう悩まない!


夏というとここ毎年、
耐えられない程の猛烈な暑さで困りますよね。

特に赤ちゃんの服装に悩むお母さんは多いと思います。

私も体温が違う子供の服装は
どうしてあげたらいいのか本当に悩みました。

色んな所に決まり文句で
「服は大人より1枚少なく」
と書いてありますが、いまいちよくわかりませんでした。

でも着せすぎ、着せなさすぎは赤ちゃんの体調不良にも繋がります。

最悪着せすぎで
脱水症状や熱中症で命に関わることもあるかもしれません。

少なくとも私はそんな危機意識と一緒に赤ちゃんの服装に迷っていました。

そんな私のような心配性のママも安心!
赤ちゃんの夏の服装についてまとめました。


Sponserd Links



赤ちゃんの体質と夏の服装のポイント


遊ばせていたらそんなに時間は経っていないのに
シャワーを浴びたかのように髪の毛が濡れて、顔中汗だらけ
なんてこと夏場にはよく見られると思います。

赤ちゃんが汗っかきの理由は汗腺の数にあります。

実は大人と同じ数なので、
皮膚の面積が少ない赤ちゃんは汗腺同士の密度が高く、
その為大量の汗をかきやすいのです。

汗をかいたままでいると
あせもができたり、体が冷えて
風邪の原因になることもあります。

その為着せる服は
通気性がよく吸湿性が高いものを選びましょう。

また汗で湿ったら
こまめに着替えをさせてあげることも大切です。

また、赤ちゃんは体温調節を
手の平や足の裏から熱を放出することで行っています。
靴下やミトンなどを着せるのは避けましょう。


暑い寒いの判断方法


汗以外で外から見て赤ちゃんがどう感じているのか?
ママが判断するのって難しいですよね。

赤ちゃんが暑がっているか寒いのか確認したいときは、
お腹や背中を触ってみましょう!

冷えていたら
寒いと感じている証拠ですので1枚服を着せ、
温かく汗をじんわりかいているようなら
1枚服を脱がせるか、より薄くて通気性の良い肌着に着替えさせる
ようにして調節してあげましょう。


赤ちゃんのねんね時期の服装


新生児期は
室内で過ごすことがほとんどだと思います。

体温調節が不安定で体温が下がりやすい傾向にあるので、
この頃は大人と同じ服の枚数か、1枚多めに着せてあげましょう。

2~4カ月のねんね期の赤ちゃんは、
肌着1枚とロンパースやカバーオールを1枚を着せてあげましょう。

よく動くようになって、暑そうにしている時は
肌着を抜いて、汗吸収のいい半袖のカバーオール1枚
だけでも十分いいと思います。

おすわり・ハイハイ時期の服装


おすわり、特にハイハイをしている子は
運動量が一気に増え、暑さを感じやすくなるので、
半袖ロンパースまたはカバーオール1枚で十分になります。

外出時は
ノースリーブの肌着の上にTシャツと短パン
を履かせても大丈夫です。

日差しが強いので膝くらい隠れるズボンがオススメです。

たっち・ひとり歩き時期の服装


ハイハイの子と同じく運動量が高く、
あっという間に汗だくになる赤ちゃんが多いと思います。

室内では、ノースリーブのロンパースだけでも十分です。

このようにかなり薄着にする場合は、
室温が下がり過ぎないように注意しましょう。

外出時には肌着を着せないで、
通気性の良いTシャツとパンツを履かせます。

外出時の服装注意点


紫外線が強い外に出かけるときは、
帽子は必ずかぶせてあげましょう。

取れにくいゴム付きの物が多いですが、
赤ちゃんによっては嫌がる子や肌が敏感な子もいるので、
試着してから購入
するのが良いと思います。

また日差しが強い場所では
肌を隠せるように薄手のブランケットやカーディガン
を用意しておきましょう。

暑いのではと心配するママもいると思うんですが、
強い紫外線の中に足や腕をさらけ出している方が
体温が上がり、やけど状態になってしまうこともあるので、
むしろ何か羽織らせた方が赤ちゃんの肌を守れます。

また、デパートなどの室内では
冷房が効きすぎて寒くなっている所も多いので、
レッグウォーマーが足裏を隠すことなく、
プレイスペースで遊ばせていても体の冷えを防げるので便利
ですよ。

まとめ


以上の記事をまとめると

1. 夏場は通気性と吸湿性の高い服を着せ、
靴下やミトンは履かせないようにする

2. 汗をかいたらこまめに着替えをさせる

3. 子供のお腹や背中の体温で、暑い寒いを判断する

4. 新生児期は大人と同じか1枚多く服が目安

5. ねんね期は
肌着1枚+ロンパースやカバーオール1枚が目安

6. おすわり・ハイハイ期は
半袖ロンパースまたはカバーオール1枚が目安

7. たっち・よちよち期は
ロンパースやカバーオール1枚かTシャツ+短パンが目安

8. 外出時の服装注意
・帽子を用意しておく
・日差しから守れるようブランケットやカーディガンを持っておく
・冷房対策でレッグウォーマーがあると便利

の順で説明してきました。

赤ちゃんは自分で体温調節ができないので、
猛烈に暑い夏場には
大人がちゃんと服装に気を付けてあげることが大切です。

初めて子育てのママには
微妙な調節が難しいと感じるかもしれませんが、
こまめにお腹や背中の体温を確認して、
室内ではクーラーを使って上手く温度調整をしていれば
そんなに難しいことはありません。

日中猛暑の外出は
なるべく短時間で済ませるのがいいと思います。

脱水症状にも気を付けて
暑い夏を乗り越えましょう!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする