運動会の種目!ユニークで盛り上がる種目5選!!


最近の運動会
私が小さい頃にはなかったような
面白い競技がたくさん増えてきています。

応援合戦も流行りのダンスなんかを取り入れていたり
(息子は今年ポッキーのCMのやつ踊ってました)、
見ていて退屈しないよう、かなり趣向をこらされています。

今回は、息子の運動会で面白いなーと感じた競技5つをご紹介します!

運動会の種目①チェッコリ玉入れ


これ、
私は息子が小学校に入って
1年生でやるまで知らなかったのですが、
今は全国的に大人気の競技なんですねー!

「チェッチェッコリ〜♪」
の音楽に合わせて
腰をふりふり踊る子供達の可愛らしい事!

そしてダンスの後、
わーーーっと玉入れに殺到する姿は
小動物のようでとっても微笑ましいですよ。

今では
幼稚園〜1年生のどこかでは必ずやる、
と言うくらいの人気競技なので、
競技をやっている子達以外も、
ほぼ全員が踊れると言うのもこのチェッコリ玉入れの良いところ。

息子の小学校では、
1年生が可愛く踊ってる後ろで、
2〜6年生の子供達もみんな応援席で立ち上がって踊ってるんです。

それがもう可愛くて可愛くて!

1年生通り越して、
遠く後方で可愛く踊る息子を望遠レンズで激写激写の母でございました。

運動会の種目②デカパンレース


2人1組で、大きなパンツを履いて走る、
簡易版二人三脚のような競技です。

パンツの右足に1人左足に1人、
と言った具合ですね。

二人三脚よりは転んだりの危険も少ないので、
低学年の子供達でも安心してできるのが
親としても嬉しいところです。

女の子が「やだ〜、パンツ〜」と恥ずかしがっている姿と、
男の子が「パンツパンツ!ぎゃははは!」と大喜びをしている姿が
大変対照的でおもしろかったです。

大好きですよね、男の子ってこう言うパンツとかそう言う話…。

本当、男の子はおばかで可愛いですね。笑

運動会の種目③借り人競争

借りもの競争ならぬ、
借り「人」競争です。

普通なら何かものを借りてくる競技ですが、
お題がすべて「〇〇な人」となっています。

例えば、

「メガネをかけている人」

だったり、

「緑の靴下を履いている人」

と言った具合です。

これが少女漫画とかなら
「かっこいい人」「好きな人」
とかでひそかに憧れてるあの人のところに行って…
キャー!なんて展開もあるかもしれませんが、
普通の小学校の運動会なので、
もちろんそんなトキメキ展開はありませんでした。笑


でも、
「笑顔が素敵な人」
のお題で校長先生が選ばれたときは、
おぉ~って校庭が盛り上がりました。

生徒たちにも人気がある、とても良い校長先生です☆

運動会の種目④ひっくり返し競争


これは小学校ではなく、
息子が保育園に通っていた時の親競技でした。

裏と表を赤と白に塗ってある段ボールを
たくさん床に散らしておいて、
赤組は段ボールの赤い面を、
白組は段ボールの白い面を上に向ける

と言うだけの競技です。

これが、何というかまぁ…地味なんです。笑
でも、地味なのに不思議と
なんだかじわじわ笑えるんですよね~。

大の大人たちがみんなしゃがみこんで、
黙々と段ボールをひっくり返したりひっくり返されたり。

シュールな絵面に
ただただ困惑する子供たちがまた笑いを誘う、
なんとも言えない競技でした。

準備も簡単なので、ぜひ何かの行事で取り入れてみてくださいね。笑

運動会の種目⑤先生リレー


なんだかんだで、
1番盛り上がったのこれなんじゃない?
ってくらい盛り上がっていたような気がする競技です。

息子の学校は全学年3クラスなので、
1組、2組、3組の先生が6人1チームとなり、
3チーム対抗のリレーをするのです。

これがまぁ、子供たちが盛り上がること盛り上がること!
やっぱり子供は自分の担任の先生、大好きですもんね、
応援にもかなり熱が入ります!

20代の若い男の先生と、
50代のおじさん先生が一緒に走ってたりすると、
お父さんお母さんはついついおじさん先生に
「がんばれ~」
なんて熱い声援を送ってしまいますよ。

まとめ

最近の運動会、競技もいろいろ趣向を凝らしていて
見ていて退屈しません。

わが子の活躍もさることながら、
ぜひぜひほかの学年の子供たちや、
親、先生の競技にも注目してみてくださいね!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする