三輪車はいつから?使える時期と選ぶ時の3つのポイント!


三輪車は、子どもが自分の力で動かす事の出来る、初めての乗り物です。
三輪車に乗ることでバランス感覚や脚力が鍛えられます。

ですが、
いつ買ったらいいのか?
どのくらいになったら三輪車をこぐ事が出来るのか?

なかなか分からないですよね!

私も3歳半と1歳半の姉妹のママですが、
三輪車を買うタイミングがいまいち分かりませんでした。

2歳過ぎくらいに私の母がプレゼントしてくれましたが、
意外と種類も多く、選ぶのも大変だったそうで す。

そこで今回は、

三輪車の種類や選ぶ時のポイント、
三輪車を買うタイミング
などをまとめてみました。


Sponserd Links



三輪車はいつから乗れる?


子どもの初めての乗り物として、
三輪車を買うご家庭も多いと思います。
1歳や2歳の誕生日やクリスマスなどに
プレゼントとして貰う事も多いですね。

一般的に三輪車は1歳から3歳までと言われています。

つかまり立ちやつたい歩きができる1歳過ぎになれば、
安定してサドルに座ることも出来ま すし、
身長が100㎝くらいになると三輪車も窮屈になってくる様です。

1歳半から2歳くらいでペダルがこげる様になってくるそうです。
まだこぐ事が出来ない子で も、
お散歩の時にベビーカーの代わりに使ったりするととても喜びます。

三輪車に乗るとバランス感覚や脚力が鍛えられますし、
「こっちに行くと危ない」
「こういう乗り方を すると危ない」
など、危険を察知する能力やルールなどを身に付ける事もできます。

いろいろ種類もあるので、
子どもの成長に合った三輪車を選びましょう!



三輪車の種類



ひとことで三輪車と言っても、
シンプルな物や付属品がいろいろと付いている物など
種類はたくさんあります。

今回は三輪車の種類とそれぞれの特徴、
私のおすすめの三輪車を紹介します。



手押しハンドル付き三輪車



最近の三輪車には、
サドルの後ろの辺りに手押しハンドルが付いている物が多いです。

ママが後ろから子どもをサポート出来ますし、
まだペダルをこげない子どもでも、
ママが操縦してお散歩の時などにベビーカーとして使う事も出来ます。

ですが、ハンドルがある分重くなってしまうので、
自分でこげるようになると邪魔になる可 能性もあります。

なので、出来ればハンドルは取り外しが出来る物を選びたいですね。

おすすめはこちらです。



HUMMERは見た目がかっこいいですね!
かじ取り機能付きの手押しハンドルがついているので、
ママも安心です。



サンシェード付き三輪車



こちらは日よけ付きの三輪車です。
子どもを強い日差しから守るのには便利ですが、
毎日帽子や日焼 け止めを使っている家では必要ないかもしれませんね。

風でめくれちゃう事もあるみたいなので、
外している人もいるそうです。

サンシェード付きの三輪車は多機能の物が多いですが、
大型でかさばりやすいので、
収納場所が 十分に確保できるかどうか
考えてからの方が良さそうですね。



折りたたみ機能付き三輪車



コンパクトに折りたたむ事の出来る三輪車は
収納場所が限られている家にはおすすめです。

ただ、折りたたみでない物に比べると壊れやすいとも聞くので、
よく検討してみてからの購入がお すすめです。

おすすめはこちらです。



実は、うちではこれの古いタイプ(色違い?)を使っています。
小さく折りたたむ事が出来て場 所を取らないのでおすすめですよ!
うちでは玄関に置いています。

Sponserd Links



キャラクターのデザインの三輪車


まだ自分でペダルをこぐ事が出来ない子どもが
ベビーカー代わりに三輪車を使うのなら、
キャラクターの 物がおすすめです。

キャラクターデザインの三輪車は小さい子用の物が多く、
ガードや足場が付いている物が多いので、
安定して乗ることが出来ます。


ガードや足場は取り外せる物が多いので、
その後も普通の三輪車として使う事も出来ます。

おすすめはこちらです。



子どもに大人気の、アンパンマンの三輪車です。
メロディもなるので子どもも飽きずに乗っていら れますし、
かじ取り機能付きの手押しハンドル、足場、ガードも付いているので、
ベビーカー代わり に使うのに良いですね。



エアータイヤの三輪車



普通、三輪車のタイヤと言えばプラスチックですが、
エアータイヤの三輪車もあります。

ガタガタ道でもお尻が痛くならずに乗れますが、
自分で空気を入れなければいけなか ったり、
まだ種類が少なかったり
するのが難点です。

おすすめはこちらです。


こちらは対象年齢が1歳から5歳で長く使えます。
サドル部分のカバーが取り外しでき、洗う事が出来るのも特徴です。



チェーン式三輪車



三輪車と言えば前輪にペダルが付いている物が一般的ですが、
チェーン式の三輪車は、自転車 と同じ構造になっています。

三輪車は意外とこぐのに力が必要ですが、
チェーン式なら自転車と同じような感覚なので、
簡単 にこぐ事が出来ます。

おすすめはこちらです。



この三輪車は小回りが利くので、
ターンも楽々と出来ます。
ハイバックシートとベルトがあるので、
子どもが寝てしまっても安心です。


シンプルな三輪車


昔ながらのシンプルな三輪車は、
軽いので自分でこぎやすいのが特徴です。

自分でペダルをこげるようになる2歳頃からは
シンプルで軽い物の方が自分で自由に遊べるの で良いと思います。

おすすめはこちらです。


とてもシンプルなデザインです。
子どもの成長によって、
サドルの位置を前後に動かす事が出来 ます。



三輪車を選ぶときの3つのポイント


三輪車を買う時は、
子どもの年齢や使う目的によって選び方のポイントが変わってきます。


三輪車を選ぶときのポイント①三輪車を使う場所は?



まずは、どんな場所で乗るのかがポイントです。

家の周辺で乗る場合は、
石畳や砂利道などが多いとガタガタとしてしまい、
振動でお尻を痛がる
場合があります。

エアータイヤの三輪車なら安心ですね。
家の周辺では乗れる場所が無く、
公園や広場まで持っていかなければいけない場合は、
車に積 みやすい折りたたみのタイプがおすすめです。



三輪車を選ぶときのポイント②三輪車を使う目的は?

ベビーカー代わりに使いたい場合は、
手押しハンドル、ガード、足場の付いた三輪車がおすすめ です。

落ちたり、抜け出したりする心配が無いですね。

中には、ベビーカーのようにベルトの付いた物もあります。
少し大きくなり、たくさんこぎたい場合は
軽くてこぎやすいシンプルな昔ながらの三輪車が良いと 思います。

すぐに乗りたい場合はペダルなしの三輪車、
すぐにこぎたい場合はチェーン式の三輪車がおすす めです。



三輪車を選ぶときのポイント③三輪車の収納場所は?

アパートやマンションなど、収納スペースが限られている場合
折りたたみタイプの三輪車がおす すめです。

収納場所が確保できず、
車のトランクなどに入れる場合は、
折りたたみで更にシンプ ルな物の方がコンパクトで良いですね。

駐輪場などに置く場合は、
三輪車にチェーンを通す場所があることを確認しましょう。
車輪に隙間 のあるものが良いですね。



まとめ



・三輪車は足腰が丈夫になってきた1歳過ぎくらいから購入を考える
・1歳くらいだとベビーカー代わりとして利用する事が多いので、
ガードや足場の付いた物を選ぶ
・人気がある三輪車を選ぶのではなく、
使う目的や場所に合った機能を考えて選ぶ
・三輪車の収納場所は事前にしっかりと考えておく

これが、三輪車を買うタイミングと選ぶ時のポイントです。

心身共に成長させてくれる三輪車は、
ぜひ子どもに遊んでほしい乗り物ですね!

最近では三輪車に乗れない子どもも多いそうですが、
身体の発達の為にも「三輪車に乗れる」と いうのは大切な事だと思います。

種類が多いので三輪車を選ぶのも大変でですが、
お子様とその環境に合った物が見つかるといいですね。

親としては、買い替える事なく、
ずっと長く使っていられる物が理想ですが・・・

この記事が三輪車を買うときの参考になれば幸いです!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする