抱っこ紐のおすすめ3選!新生児にも安心して使える物はコレ

抱っこ紐は日常よく使う物なので、

買う時本当に悩みますよね。

私も初めて抱っこ紐を選びにお店に行ったときは、

並んでいる商品を見ても何がどういいのかわからず、

店員さんにしつこく聞いていたものです。

特に新生児にも使える物となると、

ちゃんと安全に抱っこできる物が良いですよね!

そこで今回は、

新生児にも使えるおすすめの抱っこ紐3

抱っこ紐を選ぶときのポイントについてお伝えします。

Sponserd Links

新生児から抱っこ紐を持つべきか?

できれば新生児から抱っこ紐は持っていたほうが良いと思います。

1カ月検診や3ケ月検診などで病院に行ったり、

里帰りから帰るなど、ママは外出しなければならない機会が意外と多いのです。

検診以外でも、新生児はお腹から出てきたばかりで色んな症状が出ます。

心配になって、首がすわっていない頃でも何度も病院に行くことはよくあります。

その為、両手が使えるよう抱っこ紐があると

受付や会計がスムーズにでき、ママの負担が減ります。

特に里帰りなどで移動をする人にとっては

必需品と言ってもいいでしょう。

横抱きの抱っこ紐であれば、

生後1週間から使える物があります。

縦抱きのタイプでも、抱っこ紐に首を支えるサポートがちゃんと付いて

生後1カ月から使える物があり、

使用時間を守れば赤ちゃんに負担がかかる心配もありません。

むしろ疲れた腕で抱っこしたまま移動すると、

反って不安定な状態になり危ないこともあるので、

安定して赤ちゃんを連れて出かけられるように

抱っこ紐は早い内から用意しておくのがおすすめです。

抱っこ紐のタイプ

大きく分けると以下4つのタイプの抱っこ紐があります。

・タテ抱っこタイプ

・ヨコ抱っこタイプ

・おんぶができるタイプ

・前向きに抱っこができるタイプ

横抱っこタイプの物のほとんどは、

生後すぐからでも使える物が多いです。

生後すぐから移動の多い家庭には、1つあるととても便利ですよ。

縦抱きは首がすわる45カ月頃からの使用が原則的ですが、

インファントシートなど別途首のサポートが付いているものは

首がすわっていない生後1カ月からでも使うことができます。

ただし使用時間が1時間など決められていますので、

使用する際は時間に気を付けなければいけません。

また前向き、おんぶなどの様々な体制で抱っこができるタイプも多く、

抱っこ紐によっては、上記4つのタイプ全て出来る万能型もあります。

抱っこ紐を選ぶポイント3

抱っこ紐を選ぶ上で、確認しておくべきことが以下4点あります。

  1. 抱っこ紐を使い始める時期

主産後すぐにも移動が多いママは、

新生児の早い時期から使える抱っこ紐を買っておくことをおすすめします。

早い内から使える物は丈夫にできているので

少し形がごつく、重たい物もあります。

そのため、赤ちゃんの首が座ってから

軽くて簡単に使用できる抱っこ紐を後から別途で購入する人も多いです。

もし生後すぐに移動する機会がなく、

行きつけの小児科も近所で抱っこ紐の必要性がないと思う方は、

3ヵ月以降の首がすわってから抱っこ紐を購入するのもいいと思います。

  1. どのような時に抱っこ紐を使いたいか

家庭によって、利用したいシーンは様々あると思います。

長時間の移動で使いたい方は、

赤ちゃんに負担が少ない横抱きタイプの抱っこ紐が良いですし、

抱っこをしながら景色を見せてあげたい人には

前向きに抱っこができるタイプがおすすめです。

家で家事をするときや寝かしつけのときに使いたいママは多いと思います。

おんぶができるタイプの抱っこ紐は一つあるととても便利ですよ。

このように、使いたい場面を想像しながら選ぶ

自分に合った抱っこ紐が見つかると思います。

  1. 抱っこ紐の使い勝手の良さ

一人で使用することが多いので、

簡単につけ外しができる抱っこ紐がとても便利です。

色んな形に変形できるものも、

簡易的に変えることができるタイプの物がいいでしょう。

抱っこから横抱きに変えたいけど、

その手順が面倒でしなくなったら買い損になってしまいますからね。

また、ママやパパの体に合っているかも重要なチェックポイントです。

①肩や腰は痛くないか

②腰ベルトのサイズは合っているか

など、体形にフィットしているか確認しておきましょう。

お店によっては赤ちゃんの人形を用意している所もあります。

心配な人は、赤ちゃんが生まれてから試しに行くのもいいと思います

  1. 抱っこ紐の素材

抱っこ紐の素材も重要です。

汗っかきの赤ちゃんでも心地よく抱っこされるように、

メッシュ素材のような通気性のいい物がおすすめです。

最近は研究が進んで、メッシュ素材でも

赤ちゃんの肌に優しい柔らかいものが多く出ています。

実際に触ってみて、ごわごわしていないかなどさわり心地も確認しておきましょう。

肌が弱い赤ちゃんには、

100%オーガニックコットンで作られた物がおすすめです。

また、洗濯が出来る素材だと

汚れたり汗がべったりついてもすぐ洗えるのでいいですよ。

新生児にも使えるおすすめ抱っこ紐3!

  1. エルゴベビー ベビーキャリア ADAPT

セレブご愛用の大人気メーカーとして有名なエルゴですが、

その中でもADAPTは本当に使えます。

一番のおすすめポイントは、

インサートなどの付属品なしで新生児にも使用できるところです。

これまでは、

首を支えるクッションを中に挟んで抱っこしなければいけないものばかりでしたが、

ADAPTの本体にはあらかじめ首周りのクッションが入っているので、

嵩張らず、インサート分の熱のこもりも解消され、

より快適に抱っこできるようになりました。

これ一つで体重20㎏になる頃まで使用できます。

足の部分のシートやヘッドとネックサポート部分の調節ができるので、

常に赤ちゃんにとってジャストサイズで使うことができます。

素材は綿100%で、赤ちゃんの肌にも優しい作りになっています。

こちらは、対面抱っこ、おんぶ、腰抱きの3種類の抱き方ができます。

  1. コンビ ジョイン EL-E 抱っこ紐

こちらの抱っこ紐は、肩ラクフィットベルトによって使用者の肩にフィットし、

負担を減らし、やわらかくゴワつきがないので着け心地が最高に良いです。

私が使用した中では一番肩にフィットして優しいと感じた商品です。

ファスナー付きポケットが付いていて、

ガーゼなどの小物を入れておけるので、ちょっとした外出にもとても便利です。

別売りで、生後1カ月から使える専用のインファントシートがあります。

赤ちゃんの姿勢のサポートや足にフィットする股パッド、

快適に抱っこ紐に収まるようポジションも計算されて作られています。

予め付いているわけではないので、

人によってインファントシートは買わないという選択も出来ます。

1と同じく、対面抱っこ、おんぶ、腰抱きの3種類の抱き方ができます。

  1. EIGHTEX サンクマニエル プレール

重さ約380gの軽さで小さく折りたためるので、

使わない時はバックにしまっておくことができます。

新生児~3歳まで使用できま!

専用のピローが入っていて、

寝かせ抱きをしていても新生児の頭と首をやさしく固定してくれます。

首がすわっていない1カ月からでも

カバーマントを付ければ縦抱きもできるようになっています。

赤ちゃんが触れる内側の生地は、

汗を素早く吸い上げて乾かす吸水速乾生地アクアドライを取り入れていて、

ベタつきにくく、サラッとしています。

まとめ

以上の記事をまとめると

  1. 生後すぐでも外出する機会は多く、

    新生児にも使用できる抱っこ紐は用意しておくのがオススメ

  2. 抱っこ紐には大きく分けて

    「タテ抱っこタイプ・ヨコ抱っこタイプ・おんぶができるタイプ・前向きに抱っこができるタイプ」

    4つのタイプがある。

  3. 抱っこ紐を選ぶ上で

    「使用時期・利用シーン・使い勝手・素材」

    4点はチェックしておくべき

  4. おすすめの抱っこ紐は3

    1. エルゴベビー ベビーキャリア ADAPT

・綿100%素材

・付属品なしで首がすわっていない新生児にも使える

・シートやネック部分の大きさが調節でき、

成長しても体の大きさにフィットして使える

    1. コンビ ジョイン EL-E抱っこ紐

・肩ラクフィットベルトで方の負担が少ない

・ファスナーが付いていて小物が入れられる

・インファントシートを付ければ、

安定して新生児の子供も抱っこできる

    1. EIGHTEX サンクマニエル プレール

・寝かせ抱き、しっかり抱き、対面抱っこ、

前向き抱っこ、おんぶの5種類抱きができる

・重さ約380gの軽量

・小さく平らに折りたたんでしまうことができる

・吸水速乾生地アクアドライで

汗も素早く吸い取り乾かす素材でできている

どうせ買うなら、長く使える抱っこ紐を買いたいですよね。

子供もママも快適に使えるよう、各々に合った抱っこ紐を選びましょう。

記事で紹介したチェックポイントを参考に商品を選んでみて下さいね。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする