赤ちゃん用爪切りのおすすめは?現役ママ推薦の爪切り3つ!

赤ちゃんの爪って切っても切ってもすぐに生えてきますよね。

大人と比べて柔らかい赤ちゃんの爪ですが、それ以上に柔らかくて繊細な肌を引っ掻くと、赤ちゃんの力でも簡単に血が出て傷になってしまいます。

その為、こまめな爪の手入れが必要になります。

赤ちゃんの力でそこまで肌に傷が行くとは考えもしなかったのですが、

私の子供は2ヵ月の頃でもガリガリ引っ掻いて、自分の肌をよく傷つけていたので、爪切りは出産前までにきちんと調べて買っておくべきだったなと後悔しました。

前述したように、赤ちゃんの爪は、特に生まれてすぐなんかは紙のように薄く柔らかいので、大人の爪切りだと深爪してしまいやすいのでおすすめできません。

そこでここでは、厳選した赤ちゃん用の爪切りのおすすめ3つを紹介します。

Sponserd Links

3種類の爪切りタイプの紹介

赤ちゃん用の爪切りには大きく分けて3つのタイプがあります。

それぞれの特徴をまとめてみました!

ハサミ型

3つのタイプの中でも1番切りやすく、多くのママに支持されている形の爪切りです。

多くの赤ちゃん用のハサミは、先端が丸くなっていて、赤ちゃんの肌を傷付けないように工夫がされています。

切っている時に手や爪の状態が見やすく、安心して切れます。

爪をどのくらいまで切るか、浅さの微調整もしやすいです。

初めて使うと普段使い慣れているテコ型よりも切りにくいと感じますが、しばらくすると慣れてきます。

テコ型と違い、爪がたまる部分がないので、手入れもほとんどいらず、衛生的に使えます。

大人と同じテコ型

大人と同じようなテコ型は、なんといっても普段大人も使い慣れているので切りやすいです。

大人用と違い、赤ちゃん用のテコ型爪切りは先端が真っ直ぐになっているので、深爪しにくいように作られています。

ですが、それでも新生児の柔らかい爪には負担が大きく、勢いで深く割れてしまう可能性も少なからずあるので、ハサミ型の方がより安全です。

あと、爪を切るときの「パチン」という音が大きく、赤ちゃんによっては嫌がる子もいます。

やすり型

小さい指に生えたペラペラの爪を切るなんて怖くてできない!というママにおすすめのタイプです。

削って爪の長さを整えていくので、失敗して深く切りすぎてしまう心配もありません。

やすり型は最後の仕上げとして、上記2つのタイプと一緒に使うママも多いです。

確実に安全に爪が切れるタイプではありますが、削っていくので作業時間が長く、大人も赤ちゃんも疲れます。

赤ちゃんに至っては、爪を整えている間に飽きてぐずってしまい、起きているに手入れするのはなかなか難しいです。

やすり型には使い捨ての物と電動の物があり、電動の物は単価は高いですが、使い捨ての物よりも短時間で簡単に作業ができ、家族でシェアして使えるので、長く使うのであればいい商品だと思います。

これで完璧!失敗しない赤ちゃんの爪の切り方

爪を切るときに一番怖いのは、赤ちゃんが動いて手まで切ってしまわないか、ですよね。

安心して切れるのは、やっぱりミルクを飲んでいる時や寝ている時です。

寝ているのに爪を切ってしまうと、起こしてしまう可能性が高く、私はそれが嫌だったのでパパや両親に頼んで、よくミルクを飲んでいる時に協力して切ってもらっていました。

起きている時も切ることは可能です。

起きている時にちゃちゃっと切ってしまうのが一番楽なので、爪を切るのが怖いママも徐々に起きている時に切る練習をすると後が楽ですよ。

どうしても赤ちゃんは動いてしまうので、切るときは手や足をママ自身の手でしっかり固定してあげましょう。

多少強く握っても平気です。

ハサミ型の爪切りは、爪の形に添って円を描くようにゆっくり切ってあげましょう。

慣れると一度で切ることができます。

難しい人は、角が出ないようにちょこちょこ細かく切っていってあげるといいですよ。

テコ型も、真っ直ぐに大部分一気に切ってしまうと、一部が深爪になってしまうので、1つの爪を細かく小さく切っていってあげて下さい。

やすり型は、ママの加減で切りたい短さになるまで、普通のやすりと同じように爪を丁寧に削ってあげましょう。

赤ちゃんの肌まで削らないように、肌に当たらないよう少し上向きになるようやすりの角度に気を付けると上手く削れますよ。

おすすめ赤ちゃん用爪切り3つ

ピジョン ベビーつめきりハサミ


ハサミ型の爪切りです。

先端が丸く、小さく薄い刃なので、安心して新生児の爪でも切ることができます。

色んなメーカーのハサミ型爪切りの中では一番切りやすいです。

ハンドルは抗菌入りの樹脂でできており、保護キャップも付いていて安全で、綺麗な状態で保管ができます。

「ベビーこだわりおていれセット」として爪切り・ヘアブラシ・ピンセット・鼻吸い器がセットになって売られていて人気ですよ。


コンビ ベビレーベルつめきりハサミ


1と同じくハサミ型の爪切りです。

こちらも先端が丸くなっていて、刃が湾曲した形で爪が見やすく、初めてのママでも使いやすく出来ています。

そして、付属している保護キャップにはヤスリが付いています!

最後の仕上げや、少し伸びてきて気になる爪があるときにちゃちゃっと削ることができてとても便利です。

ピジョン ベビーつめきりてこ型


爪がしっかりしてきた生後9カ月ごろから使える、テコ型の爪切りです。

大人と同じテコ型なので、切りやすいです。

ベビーサイズの小さな刃で、赤ちゃんの爪が見やすく小さい爪にもよくフィットしとても切りやすいです。

刃先が平らになっており、切り過ぎ防止になります。

切った爪がどこかへ飛ばないように、ケースが付いていて便利です。

刃先用の保護キャップも付いているので、赤ちゃんが触ろうとしても安心です。

まとめ


以上の記事をまとめると

– 爪切りタイプは「ハサミ型」「テコ型」「やすり型」の3タイプ。一番のおすすめは新生児の柔らかい爪にも安心して使えるハサミ型。

– 失敗しない切り方

・寝ている時やミルクを飲んでいる時に切る

・起きている時に切るときは、動かないように手や足を固定する

・ハサミ型は円を描くように爪に沿って切っていく

・怖い人は、細かく角度を変えながら小さく切っていく

・テコ型は深爪にならないよう細かく切る

・やすり型は肌に触れないよう角度に気を付けながら削る

– おすすめの爪切りは

– ピジョン ベビーつめきりハサミ

先端が丸く、小さく薄い刃で、安心でかつ断トツに切りやすい。

ヘアブラシなどとセットでも売られていて便利。

– コンビ ベビレーベルつめきりハサミ

刃が湾曲して、爪が見やすく切りやすい。

保護キャップにやすりが付いていて便利。

– ピジョン ベビーつめきりてこ型

生後9カ月から使用できる。

刃先が平らになっていて、深爪しにくい。

以上の順で紹介してきました。

よく顔や体を引っ掻く赤ちゃんには爪切りは大切なお手入れですよね。

安心して切られる爪切りを持っておくと、ママの負担も減り、赤ちゃんの肌や爪も清潔に保つことができていいですよ。

この記事で紹介した爪切りは3つとも実際に使って、自信を持っておすすめする商品です。

ぜひ爪切りを選ぶときに参考にして下さい。

できれば出産前までにそろえてくのがおすすめです。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする