これでお部屋もスッキリ!!子供服の収納方法9選!


子供服の整理って大変ですよね!
特に0歳~3歳くらいまではサイズアウトのスピードが速く、毎年毎シーズン服を買う事
が多いです。そしてなかなか捨てられず、どんどん数が増えていきます・・・

私も3歳半と1歳半の姉妹のママなんですが、なかなか物を捨てられない性格で、次女が
生まれた後、クローゼットが服だらけでものすごく困った覚えがあります。

うちは幸いにも性別が同じだったので、次女が使ってくたびれてしまった物はさすがに捨
てています。でも、それでも思い出深くてなかなか捨てられない服もありますよね。

そんな大切な服をとっておけるように!今回は、子供服の収納方法をご紹介します。

Sponserd Links


子供服が増える原因


子供の服は、どうしても増えてしまいますよね。
特に初めてのお子さんだと、なかなか育児に慣れなくて洗濯の頻度も減ってきてしまう可
能性もあるので、ベビー服が多めにあるのは助かります。

ですが、気が付くと服がいっぱいで収集が付かなくなっていたりもしますよね。
そこでまずは、子供服が増えてしまう原因をまとめてみました。

サイズアウトのスピードと服の種類の多さ


子供の身体の成長はとてつもなく早いですよね!
その成長に合わせて服を用意するので、すぐにサイズアウトしてしまい、どんどんと服が
増えていきます。

それに、服の種類も多いです。
短肌着、長肌着、ロンパース、上着、靴下、レッグウォーマーやスタイなど、ある程度数
が必要になってきます。赤ちゃんは服を汚してしまう事が多いので、少し多めに用意しな
くてはいけません。
幼稚園や保育園に入学したりすると、また必要な服も増えてきますね。

貰い物や着れない服の整理】


出産祝いや子供の誕生日などに、子供服をプレゼントしてもらう事って多いですよね。
イベントがなくても、「おじいちゃんおばあちゃんが洋服を頻繁に買ってきてくれる」な
んて家もあると思います。

さらに、おさがりを譲ってもらう機会もあるので、服が増えるきっかけになります。
これらに関しては、ママはとても助かるので、贅沢な悩みになってしまいますが。
あとは、サイズアウトしたけど下の子の為に残す場合や、まだ大きくて着れない場合もあ
ります。

ブランド物の服を貰ったからなかなか捨てられないという話もよく聞きます。
ある程度は諦めて処分する事も大切ですが、出来れば思い出の洋服などはとっておきたい
ですよね!

次に、収納方法を紹介します。

服は立てて収納


これは実践している方も多いと思いますが、タンスや衣装ケースに入れる洋服は、小さく
折りたたんで立てるように収納しましょう。柄が見やすいので、パッと見て何がどこにあ
るのかすぐに分かりますね。

倒れてしまうようなら、仕切りなどで支えてあげれば棚の中がごちゃごちゃしにくいです
よ。

兄弟で一緒のタンスを使っている場合は、段ごとに分け、マスキングテープで名前を貼っ
ておきましょう。

収納ボックスにはラべリング


収納ボックスにラベルを付ければ、子供も自分で服を見つける事が出来ますね。
洋服の絵が描かれているシールもあるので、まだ文字が分からないお子さんでも覚える事
ができます。

収納ボックスは、部屋に置くのもクローゼットの中に置くのもおすすめです。
将来、ママの洋服入れや子供のおもちゃ入れなど、再利用しやすいのも特徴ですね。
収納ボックスやラべリングシールは、最近では100円ショップでも購入する事ができま
す。

特にシールは、子供が分かりやすい物を選ぶと良いですね。
こちらが私のおすすめのラべルシールです。学校や保育園用に「たいそうふく」や「ぼう
し」などのシールもありますし、ひらがななので、お子さんも読みやすいですね。



小さいボックスを使って小分けに収納


タンスや収納ボックスの中も、意外と広くてごちゃごちゃになったりしますよね。

靴下やパンツなど、小さなものは行方不明になってしまう事もあるので、仕切り付きのボッ
クスで小分けにすると良いです。100円ショップでも買える仕切り板や小さめのカゴな
どを使えば、リーズナブルに収納できますよ。

ちなみにうちは、子供服をタンスに収納しているんですが、靴下の入っている所には、長
さを切って調節できる仕切り板を使ってます。Tシャツの辺りにも使いたいので、近々ま
た購入予定です!

「わざわざ買うのもな~」と思っている方は、牛乳パックで代用する事が出来るので、ぜ
ひお試し下さい。

こちらが商品例です。

仕切り付きのボックス


切れる仕切り板


カゴはいろんな所に使える


カゴにもいろいろなタイプがあります。

バスケット、プラスチックのカゴ、布とワイヤーのソフトボックス、どれでも大丈夫なの
で、お家の雰囲気に合う物を選んで下さい。

カゴを洋服のアイテム別に分けて、中に洋服を収納するだけです。

すぐ使う物を入れるようにお部屋に出して置いてもいいですし、シーズンオフの物ならク
ローゼットの上の所やデッドスペースになる所に置いてもいいですね。
兄弟姉妹がいる場合は、カゴの色を変えれば自分の服がどこにあるのか、分かりやすくな
ります。

ベビー服にはウォールポケット


赤ちゃんは、ミルクの吐き戻しやうんちの漏れなどで、着替える事が多いです。
1日に何度も着替える事になったりもするので、いちいちクローゼットまで取に行くのも
面倒ですよね。

そんな時は、リビングにウォールポケットを取り付け、そこにベビー服を入れるといちい
ち取に行かなくても良いので楽です。透明の物を選ぶと柄も見やすいですね。ウォールポ
ケットなら壁に吊るすので、かさばる事もありませんし、少し動くようになった赤ちゃん
にも触られる心配もありません。

こちらが商品例です。
ポケット部分が透明なので見やすくて良いですね。シンプルなのでアレンジすると良いと
思います。



こちらのバックの様なタイプも自分で個数が選べるので良いですね。



斜めラックなら見やすくて取り出しやすい


前方に傾いている斜めラックなら、中が見やすいです。引き出しよりも動作が少なくて済
むので、中身をすぐに取り出して使う事が出来ます。

おもちゃ箱として使っている人が多い様ですが、洋服でも便利です。

こちらが商品例です。
子供部屋でもリビングでも良さそうですね。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/ebaby-select/5574022001.html?%20via_aw=ebaby-select&sc_e=slga_pla-mcad



ハンガーは同じもので揃える


普段使っているハンガーは、クリーニングに付いていた物や元からあったものなど、種類
がバラバラになっていたりしませんか?種類が揃っていないと無駄なスペースが出来てし
まうので、同じ種類のハンガーに揃えましょう。

ちなみに、クローゼットに掛かりきらないハンガーはファイルボックスに収納するとスッ
キリします。

着ない服はジップロックに入れて圧縮


シーズンオフで着ない服や、サイズアウトしたけど残しておきたい服は、クローゼットの
中で場所をとって困りますよね。

そんな時は、ジップロックに入れて圧縮してから保管するとかさが減ってスッキリします
よ!
100円ショップにも洋服の圧縮袋があります。袋に洋服を入れてジップロックを閉じ、
くるくると丸めて空気を向くだけなので、簡単に出来ます。

この場合、事前にしっかりと洗濯・乾燥をしておきましょう。虫食いや黄ばみを避ける事
が出来ます。心配な方は漂泊もしておくと安心ですね。

そして、次の子に使う可能性のある方は、サイズと季節を書いておきましょう。例えば「女
の子 80 長袖」
という風に書いておけば、何が入っているのかすぐにわかりますね!

ハンガーラックは置き場所が大切


ハンガーラック収納は、服を畳む必要がなく、しまうのも取り出すのも手早く出来る所が
便利です。クローゼットの中に、S字フックと突っ張り棒でハンガーを掛ける所を増やし
ても良いですが、見える所にハンガーラックを置くのも良いですね。

特に、子供の朝の動線の中に置けば、子供の身支度スペースになります。収納力はあまり
ないですが、子供が自分で朝の身支度や帰りのお片付けをしてくれると助かりますよね!
こちらが商品例です。

ちょっと幅が広いですが、横の棚にはカバンを置いたりも出来ますし、長く使えると思い
ます。

うちにもスペースが余っていたらぜひ購入したいところです!



使えない物は処分する


子供服は、どの服にも愛着があり、捨てるという決断は本当に難しいですよね!
私も、自分の洋服よりも大切なので、むしろ最初の頃は私の洋服を捨ててスペースを確保
していました。

でも、どんどん増えていく子供服は、その程度の処分量だとすぐにスペース不足になって
しまいます。

やはり、ある程度子供服を処分する事も必要ですね。

服を捨てる時のポイントを3つにまとめてみました。

1. 洗濯してもなかなか汚れが落ちない
2. 服が少し伸びてしまっている
3. 取っといてあるが、結局着ていない物

この3点は、なかなかもう一度着るのは難しい基準ですよね。

ちょっと汚れが残っていたり、伸びてしまっていたとしても、今現在子供が部屋着として
着るならなもう少し着せるかもしれません。
ですが、伸びている服を次の子に残しておく事のはイヤだし、思い出として取っておくの
にも見栄えが良くないし、人にあげる事もリサイクルやフリマに出すのもちょっと微妙で
す・・・

あと私は、見た目がキレイでも、下着のおさがりはイヤだな~と思い、下着だけはすんな
り捨てています。ロンパースと上着はおさがりでした。

少し大きくなって、Tシャツとかで捨てるのを迷ったりする場合は、カバンや巾着など、
リメイクしてみるのも良いと思いますよ!

私はこの間、上の子がよく似合っていた、サイズアウトしたTシャツで、巾着を作りまし
た。

出来ればパーカーでカバンも作りたいんですが、なかなか勇気が出なくてまだ実行できて
いません。

ですが、もう子供が着れない服でも、リメイクするとまた近くで見る事も出来ますし、見
る度に子供の成長を感じて嬉しくなりますよ!

まとめ

・服が増えるのは仕方がない
・おさがりや来年の為に取って置くなら、しっかりとキレイにしてから圧縮してコンパク
トに保管
・ママやパパのライフスタイルやお家に合うような収納方法を選ぶ
・クローゼットやタンスの中にケースでしまうなら、ラべリングは必須
・場所に余裕があるなら身支度スペースを作り、子供が自分で支度を出来るようにする

これが、子供服を収納するときのポイントです。

気に入って買ったお洋服や、貰い物の可愛いお出かけ着など、できれば残したいですよね!
もう着れない物は処分し、大切なものはとって置けるように、上手く収納ができるといい
ですね。

今回紹介した収納術、ぜひお試しください!!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする