子供服を上手く収納するアイデア7選!これであなたも収納上手


子供服って意外と収納が難しいですよね。
小さいからあまり量にならないだろうと考えていても、子供の為についつい買ってしまって多くなり、収納スペースに困ることも多々あると思います。

私の場合、収納棚にしまったのはいいものの、服自体が小さい上に、こまめに着替えをさせるので出し入れも激しく、結果どこにどれをしまったのかわからなくなることがよくあります。

服を探したり、収納スペースに困ることがないよう、ここでは子供服を上手に収納するアイデアをいくつか紹介していきます!

Sponserd Links


1. メインの収納棚には下着や部屋着を中心に入れる


よく使う収納棚には、肌着や部屋着、ガーゼなど、家にいるときによく使う服を入れます。
子育て中は、吐き戻したり、食事で食べているものをこぼしたりして服が汚れることがよくあります。

着替えがすぐ取れる場所に置いておくと、収納や取り出しに面倒を感じなくなり、すぐに使うからと畳んだ服をそのまま置いて、部屋に服が散乱するようなことはなくなります。
また、おしゃれ着と分けて収納すると外出用の服を綺麗に収納しておけるので、分けておくのがおすすめです。

2. サイズアウトやシーズンオフの服は使わない引き出しに


子供が大きくなって着られなくなった服やシーズンが終わってしまった服は、取り出しにくい引き出しなど、普段あまり使わない収納棚に大人の服と一まとめに収納してしまいましょう。

使わない引き出しにまとめて収納しておくことで、他の収納棚の整理がしやすく、今着られるものをすぐに取り出せる上、まとめた分のスペースが空きます。

袋に分けて入れ、サイズアウトの服、シーズンオフの服とわかるようにラベルや直接袋にペンで書いいて収納するとよりわかりやすいですよ。

3. 子供用ハンガーを使ってクローゼットへかけて収納


子供用のカーディガンや胴の長いカバーオールなど、嵩張る服は大人の服と一緒にクローゼットへハンガーにかけて並べて収納してしまいましょう。

服にしわができにくく、簡単にハンガーにかけてしまうことができるので、特に使うたび洗濯するということが少ないカーディガンやポンチョなどの収納には最適です。

Sponserd Links



4. 服の種類毎に収納棚にラベリングする


子供も大人もわかり易いように、引き出しの見えるところに服の種類によってラベルを張って、中に何が入っているかわかるようにすると綺麗に収納することができます。

家族がわかっていれば、中身を詳しく書いたシールだけではなく、動物のシールでもOKです。

子供もお手伝いができるようになると、ラベルを見るとどこに何を入れるのか理解しながら自分で服をしまうようになるので、自然と整理整頓ができるようになります。

5. 仕切りや小ボックスを使って小分けする

出典:BELLE MAISON
http://www.bellemaison.jp



収納棚の中に仕切りを入れたり、小さなボックスを並べて種類ごとに分けて入れると見やすい上、整理整頓が簡単です。

仕切りや小ボックスなどは、100均でそろえることもできるので、節約しながら上手に収納することができていいですよ。

6. 斜めラックで見やすく取り出しやすく収納


取り出す側に傾けて置ける斜めの収納ラックを使うと、見やすい上に出し入れもしやすくなります。

子供も自分で服を片づけたり、出したりしやすいですし、何が入っているのか見やすいので、整理整頓がしやすいのでおすすめです。

7. ウォールポケットを服の収納として使う


ウォールポケットと聞くとチラシとかハサミとかの小物入れとして使うイメージですが、子供服の収納としてもとても便利なアイテムなんです。
よく使う部屋着を小さくたたんで入れておいたり、ガーゼやスタイ、靴下などの小物系子供服を入れるのにちょうどいいスペースです。

小物だとよく使う上に失くしやすいので、さっといれて簡単に取り出せるウォールポケットは使い勝手が最高に良いですよ。



まとめ


子供服の上手な収納アイデアをまとめると

1. よく使う引き出しにはよく使う子供服だけ入れる
2. 使わなくなった服は、あまり使用しない収納棚へ移す
3. 丈の長い子供服はハンガーにかけてクローゼットへ収納
4. 中に何が入っているのか一目でわかるよう棚毎にシールを張る
5. 100均などで仕切りを買い、服を種類ごとに小分けにして収納する
6. 斜めラックのものを子供用収納棚として利用する
7. 小さい服はウォールポケットを使って収納する

以上の7点です。

紹介したアイデアはどれもすぐに試せるものばかりです。

整理整頓が簡単に出来る状態にあらかじめしておくと、服の収納が楽な上に、どこに何がしまってあるのか把握しやすいので急いでいる時もストレスなくすぐに取り出せますよ。
収納が面倒になって部屋が散らかりっぱなしになる前に、ぜひ試してみて下さいね。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする