子育て支援が手厚い東京地区はどこ?子育て世帯に人気の地区5選!

子供がいる世帯が東京に住むとなると、気になるのはどこの地区が手厚く子育て支援をしてくれるのかではないでしょうか?

かくいう私も東京で子育てするママの一人ですので、とても気になっていました!

今回は23区の中でも子育てしやすい地区としてよく挙げられている5地区を取り上げ、
どのような支援がされているのかをまとめました!

Sponserd Links


東京都23区の子育て支援について


東京都23区では、すべての区で中学3年生までの医療費助成を行なっており、更に所得制限も撤廃されています。

妊婦健診公費負担も14回、里帰り出産などで都外の医療機関で受診する際にも申請すれば受診費用の一部について助成が受けられるので、
医療費の面でとても手厚く、他の市町村と比べ子育てしやすい地域として有名です。

その中でも特に子育て世帯に人気の5つの地区を紹介していきます。

練馬区の子育て支援


練馬区では、子育て支援事業や助産師による産後のケアサービスを目的に、1歳未満の子どものいる家庭へ「子育てスタート応援券」8枚が送られます。
このチケットで、家事手伝いをしてくれるホームヘルパー事業や助産師ケア事業などで利用できます。

また第3子以降が誕生し、要件を満たしていれば、弾3子以降の出生した児童一人に尽き20万が誕生祝金として支給されます。
この額は大きいですよね!

他にもこの地区には公園や小児科が多いので、とても子育てしやすい環境と言えます。

子供と気軽にお出かけできる場所、また困った時に駆け込める病院が豊富なのは子育て世帯には嬉しいですよね!

大田区の子育て支援


ここ最近で待機児童の数が減ってきていることでも子育て世帯に人気の地区です。

子ども家庭支援センターとして育児相談や一時保育も充実しており、ママや子供同士の交流がしやすい「ファミリールーム」などの施設が豊富に設置されています。

また、第3子以降の出産に1人5万円の「出産こども一時金」を支給しているのはありがたいですよね。

新幹線のある品川駅や羽田空港の近くでもあるので、家族で旅行に行くのには便利な地区でもあります。

Sponserd Links



江東区の子育て支援


区立幼稚園では地域の未就園児とその保護者を対象に、他家族との交流や子育てに関する悩みを相談できる「かんがるーひろば」を設けています。
幼稚園の下見にもなっていいですよね!

それから、3人とも在園している場合に限定されますが、認可保育園の保育料が第三子以降なんと無料になります!
私立幼稚園等に通園する為の費用負担を減らすため、「入園料補助金」 、「保護者補助金」、 「就園奨励費補助金」3つの私立幼稚園通園補助金が出ます。
また、他の区と比べて子育て支援のHPがとても見やすいです。

調べたい情報もわかりやすくすぐに調べられるので、来たばかりの家族もすぐ地域に馴染めると思います。

杉並区の子育て支援

妊娠後、「ゆりかご面接」と言われる面談を受けると、マタニティヨガや家事援助サービスで使える2万円分の「ゆりかご券」が貰えます。
妊娠中から手厚いサポートが受けられますね。
また出生時に2万円、0歳~2歳児のいる家庭に2万円「杉並子育て応援券」をもらえます。
インフルエンザ予防接種や一時保育サービスなどの有料サービスで活用できるそうです。
子育てサポートのための色んな券が無償でもらえて、とても助かりますよね。

0歳の幼児がいる区内在住の家庭に、3回まで無償で訪問し、育児の相談や指導が受けられる育児サポーターを実施していたり、子育て相談・子育て交流会の機会が多い地区です。

千代田区の子育て支援


子供医療費助成を高校3年生まで出してくれます。
他の区はほとんど中3までの助成なので、この3年は大きいですよね!
次世代育成手当として、16~18歳の児童養育者へ児童1人につき毎月5,000円が支給されます。
高校生くらいまでお子さんが大きくなってもこのように手厚い支援があるので、お金がかかりだす年齢になっても安心して暮らせそうですね。
最高12万5,000円の特定不妊治療助成金が受け取れる制度もあるので、不妊治療で出費が不安な家庭にも優しい地区ですね。


まとめ


子育て支援が充実している東京23区ですが、その中でも人気な地区5つを以下のようにまとめて紹介してきました。

1.練馬区…子育てスタート応援券の交付。第3子以降の出生時1人につき祝金20万
支給等。
2.大田区…待機児童の数が減少中。「ファミリールーム」などの交流場が多い。
3.江東区…区立幼稚園で「かんがるーひろば」を設け、子育て相談がしやすい環境で
ある。条件を満たしていれば、認可保育園の保育料が第3子以降無料になる。
4.杉並区…「ゆりかご面接/券」、「杉並子育て応援券」等、産前産後に手厚いサポート
を無料で受けられる。子育て相談・交流の機会が充実している。
5.千代田区…高校3年生まで子供医療費を助成! 次世代育成手当として、16~18歳の
児童1人につき毎月5,000円が支給される。

東京23区は先述したように、とても子育てしやすい環境作りがされています。
その中でもここで紹介した5つの地区は特に子育てしやすい街として人気があり、上記で記したようにちゃんと理由も実績もあります。
もし東京都内の引っ越しで、どこの地区に行こうかお悩みの方はぜひ参考にしてみて下さいね。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする