1歳の子がご飯を食べない!そんなお悩み解決法3つ


育児のお悩みあるある、【子供がご飯を食べない】!
いつか食べるようになるわよ~、なーんて言われても、いつかっていつよ!とイライラ、そわそわしちゃいますよね。

うちの息子の場合は、それはもう無類のおっぱい星人で、離乳食を開始しても完全拒否!
保育園に入れておっぱいをあげれなくなれば、保育園にいる間は飲まず食わずのハンスト!

それはもう、毎日困り果てていました…。

今回は、そんなかつての私と同じ悩みを抱える方へ、
頑固な息子もご飯を食べるようになってくれた方法3つをご紹介します!

Sponserd Links


作戦その1 お腹をすかせる


とても単純な事です、お腹がすけば食べるしかないんです!
うちの場合は重度のおっぱい星人だったので、まず母乳の回数をグンと減らしました。

母乳もそんなに飲んでいないのになぜ…?と言う方は、もしかしたらタイミングが悪いのかもしれません。

お母さんは、赤ちゃんのためを思って「規則正しい生活を!」と朝、昼、晩と食事の時間を決めてご飯を食べさせたりすると思います。
が、大人だって、決まった時間にお腹がすいてない事、ありますよね。

確かに規則正しい生活は大事だと思います。
でも、ただでさえ大好きなおっぱいやミルクをとりあげられ、よくわからないものを食べさせられているのに、
さらには対してお腹がすいてないようなときに無理やり出されたりしたら…。
赤ちゃんだって、嫌になっちゃうんじゃないでしょうか。

なので、我が家はとりあえずご飯は作っておいて、あとはもう息子に任せるがまま好きな時に食べなさい、と言うスタンスにしました。

最初はテーブルの上のご飯を見るとプイとそっぽを向いていましたが、
そのうち興味を持ったのかお腹がすいたのか、自分で手を伸ばしたりしてくれましたよ。

最初は生活リズムなんて度外視で、焦らず子供のタイミングで食事をさせてみてあげてはいかがでしょうか!

作戦その2 一緒に作る!


作ると言っても、赤ちゃんなのでたいしたことはできませんよね。
なので我が家は、例えばご飯にふりかけをかけさせてあげる、だとか、パンにジャムを塗らせてあげる、だとか、
そういった簡単な作業を息子に任せていました。

するとやっぱり自分が作ったものには興味がわくのか、
いつもはまったく食べてくれないご飯も、不思議とパクパク食べてくれたりするんです!

息子がはまっていたのは、ご飯をくるくると丸めてひとくち大のおにぎりを作る事です。

お洋服も、テーブルも、息子も、ご飯粒だらけでそれはもう悲惨なことになりますが、
それでもご飯を食べてくれるなら、そんなのどうでもいい!と、喜んで汚してもらっていました。

ちなみにテーブルの上にサランラップを敷いておくとか、床にレジャーシートを敷いておくとか、
何なら夏の時期はおむつ一丁で作らせると、被害が少なくて済みますよ!笑


Sponserd Links




作戦その3 少なめに盛る!


作戦1、2を経てなんとか食べるようになってきた息子によく使っていた手として、
この少なめに盛る!があります。

お皿にたくさん盛られたご飯を見ると、「こんなに食べられないよ~」とテンションが下がってしまうようだったので、
ホントに極端に、何それ!ってくらい少なく盛り付けるようにしてみました。(3口で食べられちゃうくらいとかそんなレベルです)

そうすると、あっという間に間食できてしまうので、そのタイミングですかさず

「すごいじゃーん!!全部食べたじゃん!!かっこいいー!!」

です。
もう息子、すごいドヤ顔です。笑

そして気をよくしておかわりなんてしてくれようものなら、
もうお祭りかってくらいほめまくって盛り上げます。笑

そうすると、「なんだ、俺食べれるじゃん!」と自信がつくようで、次からはもうちょっと頑張ってくれたりしました。
(まぁ、もちろんムラもありますが…)

ぜひおためしくださいませ☆

まとめ


以上、今回は重度のおっぱい星人で全然ご飯を食べない子だった息子に試した、
ご飯を食べてくれるようになる3つの方法をご紹介いたしました。

1. ご飯のタイミングは子供のペースで。お腹がすくまで待って!
2. 自分で作ったものはおいしい!一緒に作ってみよう!
3. まずは自信を持たせることから。お皿には食べきれる量を!

どれもすぐに試せることばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする