赤ちゃんの首すわりの時期は?首すわりを判断する3つのポイント!

https://www.photo-ac.com/main/detail/483410?title=%E9%A6%96%E3%82%92%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%8B%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

首の座っていない赤ちゃんは、
頭がぐらぐらして支えてあげなければならないので、お世話が大変ですよね。

変に動かしたり、力をかけて首に負担をかかってはいけないし
おそるおそる接しているお母さんも多いのではないでしょうか?

首が座ると扱いやすくなるので、
お母さんたちにしてみると早く座ってほしいものですよね。

それに、首座りが遅いと何か問題があるのではと心配な方もいるはず。

私の周りのお母さんの中にも、
5カ月になってもなかなか首が座らないと心配している方がいました。

では、赤ちゃんの首すわりの時期は、一体いつ頃なのでしょうか?

首すわりの時期や確認方法などをまとめました。

Sponserd Links


赤ちゃんの首がすわるまでの流れは?


生まれたばかりの赤ちゃんは、首を動かすことがありませんが、
徐々に首を左右に揺らしたり、動かしたりするようになります。


大体1ヶ月が経過したあたりから(もちろん個人差があります)
首の筋肉が徐々についてきて、うつぶせにすると、自分で首を持ち上げようとするようになります。


そして、2か月以降になると
短い時間であれば、自分の首の筋力で首を支えることができるようになります。


3か月以降になると、
2か月以降のときよりも長い時間首を支えることができるようになってきて、
だんだんその時間が伸びていき、最終的に首すわりができるようになっていきます。

ちなみに、
赤ちゃんの体の成長は、
頭部から始まりだんだん足の方へ進んでいきます。

まず初めにできるようになることは
目でものを追いかけること
です。

そのあとに、
手を動かす

寝返りができるようになる

はいはいをする

つかまり立ちができる

つたい歩きができるようになる

といった流れです。


なので、赤ちゃんの首がすわるというのは
成長の初期の段階といえます。

首すわりの時期


平均的に首座りの時期は、
生後3カ月~4カ月ごろと言われています。

その頃までに首の筋肉が発達することで、
首を自分で支えられるようになるのです。

早い子は1カ月ごろから、遅い子は7カ月にやっと座ったという子もいます。

遅い子の特徴として、
頭が大きいことや筋力が付きにくいといった体質がよく挙げられています。

このように首座りの発達にも個人差があるので、
健診でお医者さんに問題ないと言われているなら、
遅くても心配し過ぎる必要はありません。

平均時期はあくまで目安として捉えましょう。

首が座ったと判断するには?

1. うつぶせ寝にすると自分で頭を持ちあげるか
ちゃんと首がすわっていれば、うつぶせ寝にさせた時に自力で首を持ちあげられます。
練習がてら見ることができるので、一番簡単に判断できる方法です。

2. 仰向けの状態で両手を引っ張ると首が付いてくるか
赤ちゃんを仰向けに寝かせて、両手を持ってゆっくり引っ張り、体を起こしましょう。
首が一緒に付いて持ちあがるようであれば、首がすわっているということで間違いないでしょう。
力任せにぐいっと勢いよく引っ張らないよう注して下さいね。

3. 縦炊きにしても首がぐらぐらしていないか
脇の下に手を入れて、縦抱きにしてみましょう。
少し後ろに傾けたりしても、後ろにガクンと首が落ちないか、あまりぐらぐらせず首の筋力で頭を支えられているか、確認しましょう。
しっかり自力で支えられているようであれば、首すわり完成と判断してOKですよ。
こちらも勢いよく行わないように注意しましょう。

Sponserd Links



首すわりの練習方法


1. うつぶせ寝トレーニング

うつ伏せにして練習してみましょう。

うつ伏せに寝かせている間は必ず大人が一人赤ちゃんの傍に居るようにして、
枕や毛布など顔が埋もれる可能性がある物は近くに置かないようにして下さい。

うつぶせ寝にした後は、
やや赤ちゃんの正面からママやパパが名前を呼んで上げながら応援してあげましょう。

声に反応して
「ママやパパの顔が見たい」と赤ちゃんが自発的に首を上げようとします。

他にも、音のなるおもちゃで首上げを促すのも効果的です。

赤ちゃんが苦しそうだったり、泣いて嫌がり始めたら、
「よく頑張ったね」と褒めてあげながら起こしてあげましょう。

無理やりやらせると赤ちゃんが練習自体を嫌いになって、
反って逆効果になるので、しつこくうつぶせ寝をさせ続けないよう注意して下さいね。


2. 支えながらやや縦抱きにする

うつぶせ寝で少し首が上がってきた頃に、
脇の間から手を入れ、手の指で首を支えながら少し縦に状態を起こし、
膝の上でトントンとリズムよく揺らして遊んであげるのもいい練習になります。

歌を歌いながらリズムよく動かしてあげると喜びますよ。

負担にならないように、あくまでも軽く動かして下さい。

また、支えているとはいえ、
全く首の筋肉が付いていない時に急に縦抱っこをすると、首を痛めてしまうので、
この方法は急いでやらないようにして下さいね。


3. 引っ張りトレーニングで筋力アップ

「あともう一息で首が完全に上がるのになー」といった首すわり直前の頃に、
この練習をすると首すわり完成をかなり促進させます。

膝の上に大人と同じ方向を向いた状態で若干斜めに座らせ、
赤ちゃんの両手を持ち、ゆっくりぐいーと前に引っ張りましょう。

ちょっと大人の体から赤ちゃんの頭が離れるくらいで大丈夫です。

首が体に付いてきて、首の筋肉が鍛えられます。

これは私の母が子供の首すわり直前に一回やらせただけで、
次の日完全に首が座ったので、かなり首の筋力アップに効果的だと思います。

筋力が十分についておらず、
やっても首がガクンとなるようでしたら、
まだこの練習は早いというサインなのですぐにやめて下さいね。



首すわりの練習時の注意点


・首すわりの練習は、
食後や赤ちゃんの期限が悪い時には行わない

・首すわりの練習をするときは、
絶対に赤ちゃんから目を離さない

・最初から何回も首すわりの練習をせず、
まず初めは1回から、徐々に増やしていく

・首すわりの練習時間は、初めから何分も行わず、
10秒ぐらいから始めてだんだんと長くしていく。

練習中は、赤ちゃんのようすを常に気にかけ、
絶対に無理をさせない

・ふわふわの布団で首すわりの練習を行うと
口や鼻がふさがって呼吸ができなくなってしまう可能性があるので
カーペットの上などにタオルなどを引いて行うなどする

まとめ

記事をまとめると

1. 首すわりの確認方法は
1 うつぶせ寝で首が上がるか
2 仰向けで体を起き上がらせたら首も一緒に付いてくるか
3 縦抱きでも頭が安定して、首で支えられているか

2. 首すわりの時期は3~4カ月頃。
個人差がかなりあるので、心配し過ぎないようにしましょう。

3. うつぶせ寝など、首周りの筋力アップができる練習を遊びの中で取り入れると、
首すわりの促進になります。

以上の3つです。


一人ひとり持っている個性が違うので、
赤ちゃんの成長にはどうしても大きな個人差が出てきます。

首すわりも例外ではありません。

定期的にお医者さんに相談し、問題ないと判断されていれば、
成長が平均より遅れていても大丈夫です。

平均値や周りの子と比べてしまうママさんの気持ちはよくわかりますが、
他所は他所と割り切って、ゆったりした気持ちで我が子の成長を待ってあげましょう。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする