たんばらラベンダーパークの見頃2017!見どころやイベントを紹介!


たんばらラベンダーパークは
群馬県沼田市玉原(たんばら)高原にあるラベンダーの名所です。

たんばらラベンダーパークは
標高約1350mの位置にあり、東京都心より平均気温が約10度低いため避暑にも最適です!

そんなたんばらラベンダーパークですが、ラベンダーの見頃はいつなのでしょうか?

ということで今回はたんばらラベンダーパークの見頃や見どころについてまとめてみました。

Sponserd Links


たんばらラベンダーパークの営業時間は?

2017年6月24日(土)~9月3日(日)
営業時間 08:30~17:00(入園は16時半まで)


たんばらラベンダーパークの見頃は?


たんばらラベンダーパークの見頃は
毎年7月中旬から8月中旬と言われています。

ラベンダーの見頃時期が近くなると
たんばらラベンダーパークの公式サイトで随時確認することができます。

2016年の開花状況は

たんばらラベンダーパークの見頃は7月中旬から8月中旬ですが
念のため2016年のラベンダーの開花状況を見てみましょう。

ちなみにたんばらラベンダーパークのラベンダーは
早咲き、中咲き、遅咲きのものがあり、それぞれの見頃時期は異なるので
長い期間楽しむことができます。


7/8  早咲きのこいむらさき・中咲きのナナナリサワが見頃
7/26 早咲きと中咲きがのラベンダーの見頃がピーク
8/3  遅咲きのグロッソが見頃
8/11 遅咲きのグロッソなどがまだ見頃

たんばらラベンダーパークの料金は?


入園料(大人は中学生以上)

大人800円から1,200円

小学生300円から500円

※小学生未満無料

身体障害者の方は障害者手帳の表示でご本人のみ無料

障害者手帳を入園券の売り場で提示することが必要です。

たんばらラベンダーパークの見所は?


たんばらラベンダーパークのポイントはなんといってもリフトです

リフトに乗って華麗に咲き誇るラベンダーを見下ろすことができます。

リフトの運行期間

ウッディライン
<運行期間>
7月1日(土)~8月27日(日)

<料金>
片道:大人500円 小学生350円

往復:大人800円 小学生600円

<営業時間>
8:30~16:30

ラベンダーライン
<運行期間>
7月15日(土)~8月13日(日)

<料金>
上りのみ大人500円 小学生350円
※小学生未満無料

<営業時間>
9:00~16:00


たんばらラベンダーパークでのイベントは?

たんばらラベンダーパークではいろいろなイベントが開催されています。

ポプリのプレゼント


有料での来場者の方全員に
玉原高原でとれたラベンダーのポプリのプレゼントを行っています。

期間は6/24~6/30まで。

玉原高原でとれたポプリのプレゼントは毎年大好評のようです。

クラフト体験


玉原高原にある植物などでいろいろなアートを作る体験ができます。(有料)

期間は7月15日〜8月27日
※7月22日7月23日、8月6日から8月10日は除く

ラベンダー摘み取り体験

ポプリのプレゼントとともに人気なのが
ラベンダーの摘み取り体験です!


開催期間は8月上旬から8月中旬で、
ラベンダーの開花の状況によって期間が決まって来ます。

1日先着20名のみで、1回500円の有料イベントですが
ラベンダーの摘み取りの体験はなかなかできるものではないので
ぜひやってみたいですね!

自分で採ったラベンダーは持ち帰ることができるので
家に帰ってからもポプリやドライフラワーにしたり、色々と楽しめますね♪


玉原高原星空観察会


たんばらラベンダーパークでは沼田市主催の星を見る会が開催されます。
開催日の1週間前までに申込が必要ですが、
ラベンダーに囲まれながら
夏の星空も楽しんじゃいましょう!

日程は
7月15日(土)
7月29日(土)
8月15日(土)
9月16日(土)
10月14日(土)
となっています。

時間は
19:30~21:00
です。

受付は19:00開始ですので、イベントが始まる19:30までに済ませましょう。

※曇りや雨で星が見えない時は室内プログラムの実施になります。

<参加費>
大人 500円
小中学生 300円
※未就学児は無料


<事前申し込み方法>
①たんばら高原星空観察会の申し込みフォームから

②沼田市役所観光交流課に電話
0278-23-2111(内線3244、3247)

※申込は開催日の1週間前までとなっています。

定員は100名で、数に達し次第受付終了なので早めに申し込みましょう!

Sponserd Links



たんばらラベンダーパークの注意点は?


先にお話しした通り、
たんばらラベンダーパークは東京都よりも気温が10度近く低いので
避暑にもってこいの場所です!

ですが標高約1,350メートルという場所柄、
晴れているとかなり日差しが強くなります。

なので日傘や帽子などは必ず持っていった方が良いでしょう。

水分補給も忘れずに!

また、花が多いことから虫も多いので虫除け対策も万全にしていきましょう!

たんばらラベンダーパークの混雑状況は?


たんばらラベンダーパークは
ラベンダーの見頃の時期になるとかなり多くの人が訪れます。

駐車場は1,500台とかなり多いですが、
それでも見頃時期になると11時過ぎから駐車場待ちで渋滞することがあります。

300メートルの渋滞ができたこともあるそうです!

特に、土日の昼頃は周辺の道路も駐車場が空くのを待っている車で渋滞します。

見頃時期に行く場合は、朝早く行くか、渋滞覚悟で行った方が良いと思います。

アクセス

<公共交通機関>
JR沼田駅からラベンダーパーク直行シャトルバス50分

料金:片道大人1,030円 子供520円

<車の場合>
関越自動車道沼田ICより 県道約30分

【宇都宮から沼田ICまで】
東北自動車道(約25分)

岩船JCT

北関東自動車道(約30分)

高崎JCT

関越自動車道(約30分)

沼田IC


【水戸から沼田ICまで】
常磐自動車道(約10分)

友部JCT

北関東自動車道(約80分)

高崎JCT

関越自動車道(約30分)

沼田IC

【海老名から沼田ICまで】
圏央道(約40分)

鶴ヶ島JCT

関越自動車道(約70分)

沼田IC


まとめ

ということで今回はたんばらラベンダーパークの見頃や見どころについてお伝えしました。
たんばらラベンダーパークはラベンダーだけでなく
リフトや星空観察会など楽しめるポイントがたくさんあります。

熱中症対策を万全にしてぜひ楽しんでくださいね!


Sponserd Links