赤ちゃんと飛行機っていつからOK?そんなときの必需品8個!


里帰りで赤ちゃんを連れて家に戻りたい時や、
逆に実家に赤ちゃんを見せに行く時、
飛行機だと遠くへもすぐ飛べるので、利用したいと思うママは多いはず。

私も里帰りのときは、飛行機を利用して帰りたいと思っていた一人です。

気になるのは、
気圧や飛行高度など機内の環境が赤ちゃんに影響しないか、ですよね?

ただでさえ赤ちゃん連れというだけでも不安ですし、

でも飛行機じゃないと行くのが不便な場所もあるので、
乗れないと大変なママもいると思います。

そこで今回は
赤ちゃんがいつから飛行機に乗れるのか?
飛行機に乗るときに必要なものは?
についてお伝えします。

Sponserd Links


赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから?


ANA,JAL共に、国内線も国際線も赤ちゃんは生後8日から乗れます。

結構早くてびっくりですよね!?

私も飛行機に乗っている時に、
生まれたての小さな赤ちゃんを連れている家族を見かけて驚いたことがあります。

基本的に生後8日を過ぎていれば乗れるようですが、
安心できるのは生後1か月を過ぎてからだと思います。

生後1カ月未満は、まだ外気に慣れようとしている段階で、
環境が整っているとはいえ、
飛行機は急激に上昇していくので大人でも体調に変化が出やすくなります。

上空の密閉空間の中で過ごさなければならないので、
赤ちゃんと飛行機に乗るときは
十分外の世界に慣れさせた生後1か月頃を目途に飛行機を利用するのが安心です。


1か月だとママもお世話に慣れてきた頃ですしね。

また、赤ちゃんを連れて乗飛行機に乗るなら、
しっかりしたサービスとサポートを提供しているフルサービスキャリアの大手航空会社を選んで
チケットを取りましょう。


機内に持っていくべき物8点


さて、いざ赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るとなったら
何を持っていったらいいのでしょうか?

国際線に乗るときは勿論ですが、
国内の短い路線であっても、赤ちゃんとママ自身の為にしっかり準備してから乗りましょう!

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るときに持っていった方が良いものを紹介します。

1. オムツとおしりふき
飛行中も機内でオムツを変えられるよう、
必ず機内にも3枚くらいオムツは持っていきましょう。


2. ミルクとベビー用ドリンク
お腹がすいている時もそうですが、
離陸着陸の時に耳が詰まって嫌がる赤ちゃんも多いです。

そんな時に、飲み物を飲ませてあげると耳詰まりが緩和されるので、
飲み物をあらかじめ用意しておくのがおすすめです。


3. 授乳ケープ
隣に男性が座ることもあり、堂々と授乳するのは難しくなります。
機内に授乳室はなく、隠れてするとしたらトイレしかないので、
座席でもできるように授乳ケープは持っておきましょう。

最悪機内にあるブランケットで代用できますが、
しっかり胸が隠せるので、授乳ケープの方が良いと思います。

4. 赤ちゃん用ブランケット
飛行機の中では冷房がかなり効いていることがあります。
大人でも寒いなということがありますよね?
赤ちゃんは体温調節が大人よりも苦手なので
いつも家で使っているブランケットを用意しておくといいですよ。


5. 着替えセット
機内でのオムツ替えのときや食事中に
赤ちゃんの服が汚れても着替えられるように
予備の服を持っていきましょう。


6. 離乳食やおやつ
長時間のフライトだと離乳食の時間にさしかかることもあると思います。

お腹がすいてぐずらないように、
温め不要でスプーン付きの離乳食を買っておくと助かります。

座るのに飽きてぐずった時に、
おやつなど簡単な軽食があると赤ちゃんの気が紛れていいですよ。

7. お気に入りのおもちゃと絵本
機内で用意された物もありますが、
年齢が限られていたり、その子によってハマらないおもちゃもあるので、
いつも気に入って遊んでいるおもちゃや絵本があるとぐずり対策になります。

8. ビニール袋
オムツや汚れた服などを入れられるビニール袋を数枚持っておきましょう。

万が一カバンに入れておかないといけない時に、
中を汚さずに済みます。

残りの離乳食を入れておくことも出来るので、あると何かと便利です。

Sponserd Links



赤ちゃん連れに嬉しいサービス

空港・機内で受けられる赤ちゃん連れの家族向けサービスがいくつかあります。
例として以下のようなものがあります。


空港サービス


基本空港では空港内を移動する為に専用のベビーカーを貸し出しています。

機内持ち込みの荷物が多いのに、ベビーカーをカウンターで預けてしまっても大丈夫です。

また、授乳用のお湯や
オムツ替えベッドが完備されている授乳室を設置している空港が多くなっています。

キッズスペースがある所もあり、
待ち時間にそこで子供を遊ばせおくことができます。

事前に受付カウンターでケアを申請すれば、
搭乗口までの案内や機内に入るときにサポートをしてくれるところもあります。


機内サービス

3歳未満の小さな子供連れの家族は優先して先に搭乗することができます。

先に乗れるだけで周りのお客さんに気を遣う必要なく、
余裕を持って機内で準備ができますね。

機内にもオムツ交換台が付いたトイレが設置されているので、
オムツ替えの心配もいりません。

ただトイレの数自体が少ないので、
混むことを考えて早め早めにオムツ替えをするようにしましょう。

航空会社によっては、絵本の貸し出しやおもちゃのプレゼントも行っています。

その場合は万が一赤ちゃんの気を紛らわせるものを持ち込んでいなくても、
客室乗務員に言えば持ってきてもらえますよ。

こんな感じで最近は機内サービスが充実してきています。

スムーズにサービスが受けられるように、
フライト前日までに、どこでどのようなサービスが受けられるのか、
出発と到着先の空港施設や
利用する航空会社の詳しいサービス内容を事前に確認しておくと、
より安心して出かけられますよ。


まとめ


以上の記事をまとめると

1. 飛行機に乗れるのは生後8日から。
2. 念の為、生後1か月を過ぎてから乗るようにすると、
赤ちゃんに負担がかかる心配がない。

3.赤ちゃんと一緒に彦いう気に乗るときの必需品8点
オムツとおしりふき
ミルクとベビー用ドリンク
授乳ケープ
赤ちゃん用ブランケット
着替えセット
離乳食やおやつ
お気に入りのおもちゃと絵本
ビニール袋

4.空港や航空会社によって赤ちゃん連れ向けに色んなサポートを用意している。

事前に各空港や航空会社のサービスを調べてから出かけると当日スムーズに動ける。

となります。


飛行機を利用するのって旅行くらいで、
車のように頻繁に乗るものではないので、赤ちゃん連れだと余計に不安だと思います。

ですが、大手の航空会社の規定に「生後8日から」と明記もあるので、
1カ月未満の赤ちゃんでもちゃんと安心して乗れるようになっています。

新幹線で何時間かかる所に飛行機だと1~2時間ほどで行けるのは、
絶対ママや赤ちゃんにとって負担が少ないので、飛行機はとても良い交通手段だと思います。

空港・機内も子供連れに安心して利用してもらえるよう環境が整えられてきているので、
不安になり過ぎず、準備はしっかりして空の旅を楽しみましょう!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする