突発性発疹のお風呂はいつから?その症状や対処法とは??


突発性発疹とは、ほとんどの赤ちゃんが経験する病気です。

生まれてから初めての病気が突発性発疹という赤ちゃんも多いです。

突発性発疹の症状は、まず高熱から始まります。

まだ小さい赤ちゃんが急に高熱を出してしまうと、
ママも心配になっちゃいますよね。

初めてのお子さんで経験もなければ余計に焦ってしまうと思います。

私も3歳半と1歳半の2人の子どもがいますが、
上の子は1歳半の頃に初めて突発性発疹にかかり、
その熱の高さにびっくりしました。

突発性発疹という名の通り発疹も出るので、
いつになったらお風呂に入っていいの?
突発性発疹ってうつるの?

などなどわからないことがたくさんありました。


それで、できれば事前に病気について知っておき、
どのような症状がでるのか?どのように看病したらいいのか?
を知っておけば、落ち着いて対処出来て安心です。

そこで今回は

突発性発疹の原因や症状、対処法、お風呂はいつから大丈夫なのか?

についてまとめてみました。

Sponserd Links


生後6カ月~1歳がほとんど


突発性発疹は多くの子どもがかかる病気ですが、
中には発症しない子もいます。

発症する時期は、
ママからもらった免疫が減ってくる生後6カ月頃からが多いです。

また、赤ちゃんの免疫力が出てくるのが1歳頃と言われているので、
ちょうどこの頃に発症することが多いと言われています。

大体2~3歳までには発症する場合が多く、
おたふく風邪や風疹のように、
発症が遅くなればなるほど重症化するということはほとんどありません。

2種類の菌が原因

原因となるのは、

「ヒトヘルペスウイルス6型」と「ヒトヘルペスウイルス7型」の感染によるものです。

2種類のウイルスがあるため、
各々1回ずつで合計計2回感染することもあります。


主な感染経路は、
大人から赤ちゃんへの飛沫感染や経口感染です。


突発性発疹の主な症状は?

突発性発疹の主な症状は、次の3つです。

・突然の40度近い高熱
・下痢やおう吐
・解熱後に発疹

突発性発疹の基本は高熱と発疹で、
その子によって、発熱と発疹の間に下痢やおう吐などの症状がみられる事もあります。


まずは突然40度近い高熱が出て3~4日続きます。

熱が下がってくるのと同時に発疹が出て、
2~3日で徐々に引いていきます。

突発性発疹は、高熱が出るわりに赤ちゃんが元気なのが特徴です。

ですが高熱のストレスにより
熱性けいれんを起こす可能性があるので、注意が必要です。

大体は数分以内に治まり、
命に関わるものではないので、慌てずに様子を見ましょう。


発疹は大きさの異なる赤い斑点のようなもので、
お腹や背中を中心にして全身に広がります。
突発性発疹の場合、痒みは無い事が多く、跡も残りません。

発疹が出ると赤ちゃんはすごく不機嫌になりますが、
発疹が治ればすぐに機嫌も回復します。

うちの子が突発性発疹になったときも、39度の高熱が出たのにご機嫌で驚きました。

発疹が出てからは何日もグズグズしている日が続きましたが、
この機嫌の変わり方も突発性発疹の特徴です。

ちなみに、突発性発疹は咳や鼻水などの風邪のような症状は無く、
高熱と発疹のみ現れる事がほとんどです。


大人にはうつらない

発症の原因がウイルスなので、
感染力は弱いですが、うつる可能性はあります。

特に発熱中、大人にはうつりませんが、
まだヒトヘルペスウイルス感染経験のない乳幼児にはうつる事もあるので、
保育園などの登園は控えた方がいいです。

厚生労働省の目安としては、
「解熱後1日以上経過して全身症状が良い」こととなっています。

発疹が酷い場合には登園を遅らせたり、
お医者さんに相談をしてみましょう。

そして登園する場合にも、発疹には直接触れ合わない様にさせましょう。

熱が下がればお風呂はOK


突発性発疹になったとき、
お風呂に入れるかどうかはすごく悩みますよね!

寒い時期には入浴後の冷えも心配ですが、
汗をかいているのでさっぱりさせてあげたいという気持ちもあります。

突発性発疹の赤ちゃんをお風呂に入れる時はどんなことに注意したら良いのでしょうか?


1. 高熱が出ている時にはお風呂は入れない
突発性発疹の場合、高熱が出ていても赤ちゃんは元気なことが多いです。

でも、ご機嫌にしていても熱によってかなりの体力を消耗しています。
そんな時にお風呂に入れてしまうと、
赤ちゃんはクタクタになってしまい、他の菌に感染してしまう可能性もあります。

高熱によって脱水症状気味になっている状態でのお風呂も危険です。

汗が気になる場合は、
暖かい濡れタオルで身体を拭いてあげて、
直後に乾いたタオルで水分を拭ってあげると身体が冷えにくいです。

もし下痢の症状が出ている場合は、
お尻だけシャワーで洗い流してあげるのがいいでしょう。


2. 解熱後なら、発疹が出ていてもお風呂は良い
発疹が出ていても、
熱が下がっているのならお風呂に入っても大丈夫です。

お風呂に入ると、身体が温まって発疹が赤くなりますが、
突発性発疹の場合は元々痒みがないので、痒みが増してしまう心配もありません。

でも、赤ちゃんが辛そうにしているのなら、
赤ちゃんが元気になるまでお風呂は控えましょう。


3. 赤ちゃんが嫌がる時はやめる
高熱が出ている時は機嫌が良くても、
熱が下がり、発疹が出ると丌機嫌になってしまうのがこの病気の特徴です。

なので、やっと熱が下がったのでお風呂に入れようと思ったら、
湿疹による丌機嫌で嫌がられる、という事もあります。

高熱によって弱っている赤ちゃんが、
さらにイヤイヤをしてぐずっていると、かなり体力を消耗します。

赤ちゃんがクタクタになってしまうので、
赤ちゃんが嫌がる場合は、身体を拭くくらいにしておきましょう。


水分補給が大切


突発性発疹には、特別な治療法はありません。

熱があっても、食欲があれば問題ないです。

赤ちゃんは母乳やミルクが飲めていれば大丈夫なので、お家で安静にしていましょう。
気を付けたいのは、脱水症状です。

高熱が出ると身体から多くの水分が奪われるので、
こまめに水分補給をしましょう。


赤ちゃん用のイオン飲料などもあるので
高熱の時の水分補給にはおすすめです。

うちの子の場合は、
このイオン飲料系の味が苦手だったので、ジュース少し薄めて飲ませていました。

その他は、一般的な発熱時の対処法で大丈夫です。

高熱で心配なら解熱剤を、
下痢の症状があるなら整腸剤をもらいに病院に行きましょう。

湿疹があっても、
熱が下がっていれば感染の可能性も低いので、少しくらいの外出なら問題ありません。


他の病気との見分け方

高熱が出る病気や湿疹が出る病気は、
突発性発疹だけではありません。

中には見分けの付きにくい病気もあります。

今回は5つの病気と比べてみました。

・ウイルス性発疹
発疹の出る2週間くらい前に、
熱、咳、鼻水などの風邪症状があったら、ウイルス性発疹の可能性があります。

うっすら赤い発疹で、1日程度で消えてしまいます。

突発性発疹の場合は高熱が伴いますが、
その子によって微熱で終わってしまう場合もあるので、
そうなると見分けるのは難しいですね。

ウイルス性発疹の場合、
発疹はうっすらとしていてすぐに消えますが、
突発性発疹の場合ははっきりとした発疹が出て、2~3日は消えません。

・水ぼうそう
発熱しますが、高熱ではありません。

熱が出て1~2日で発疹が出て、水疱になります。

あまりにも高熱が出ている場合は水ぼうそうではないようです。

発疹にも違いがあり、突発性発疹では水疱になることはありません。

・手足口病
38度以上の発熱が2日程続き、
数日後には口や口内、手や足に水疱性湿疹がでてきます。


赤ちゃんが不機嫌にになる事が多いく、
主に夏に流行します。

発熱時には分かり辛いかも知れませんが、
これも水疱ができるので、湿疹の種類が違います。

突発性発疹はお腹や背中に湿疹が出る事が多いので、
湿疹が出る場所にも違いがあります。

・あせも
汗をかいたり蒸れたりすると、
痒みを伴う赤い発疹が出ます。

汗で蒸れやすい頭やおでこ、首元や肘の内側、膝の裏側などにできやすいです。

これは痒みがあるという所が違います。
突発性発疹でも痒みが出る子もいますが、
出る場所も違いますね。

・はしか
38度前後の発熱が2~4日続いて、風邪のような症状が出ます。

乳幼児には下痢や腹痛も出る場合もあります。

発症して3~4日後くらいに白色の斑点が出ます。

その後39度以上の発熱と共に身体に発疹が出て、全身に広がります。

発疹は、最初は小さな赤い斑点ですが、
融合してくっついていきます。

発疹は消えますが、茶色い色素沈殿が残ります。

風邪症状がでるのが突発性発疹とは違いますね。

湿疹の種類も違いますし、湿疹同士が融合してしまうのがはしかの特徴です。


まとめ

・急に40度前後の高熱が出て、発熱中でも元気で機嫌が良い
・発熱だけで、その他の風邪症状は見られない
・発熱から2~3日後、お腹や背中を中心とした全身に、はっきりとした発疹が出てくる
・突発性発疹は、大人にはうつらないが、子どもにはうつる可能性がある
・発熱時、ぐったりしている時、嫌がる時はお風呂には入れない
・熱が下がり、機嫌が良ければお風呂に入っても良い
・子どもによって症状に違いが出てくる事もあるので、自己判断で終わらせずに病院に行く

以上が突発性発疹に関するポイントです。

突発性発疹は、赤ちゃんが初めてかかる病気であることが多いので、
出産後の退院指導の時や、その後の健診などで尐し説明を受ける事もありますよね。

これを見てもっと詳しく知っておくと、
いざ発症した時にも焦らずに落ち着いて対処できると思います。


ほとんどの場合は高熱と発疹ですが、
赤ちゃんによって個人差もあるので、赤ちゃんの症状で分からない事があれば
かかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする