子供が突然の鼻血!原因と対処法は?


子供が突然鼻血を出した!
となると、どこかにぶつけた?何か病気??と心配になってしまいますよね。

うちの息子も、ついさっきまで元気に遊んでいたのに、
振り返ったら鼻血がタラ~、なんて事、たくさんありました。

いざと言う時に慌てないよう、子供が鼻血を出す原因とその対処法をご紹介します!

Sponserd Links


突然の鼻血!主な原因3つ


さっきまで元気に遊んでいた子供が突然鼻血を出した!なんて事、ありますよね。
子供の鼻の粘膜は薄いため、
大人と比べてちょっとした事が原因で鼻血が出てしまうんです。

原因として主なものを3つご紹介します。

①鼻の粘膜を傷つけてしまうため

多分これが一番多いんじゃないでしょうか。

子供って、時と場所を選ばず、結構しょっちゅう鼻をほじります。

しかも、え?そんなところまで?ってくらい、
遠慮なく鼻の奥まで深追いします。笑

鼻の中は血管が密集しているのに加え、
子供は鼻の粘膜が薄いので、大人に比べると少しの刺激でも鼻血が出てしまいます。

ちょっと強めに鼻をこすっただけでも鼻血が出てしまうので
ホントに繊細で困りますよね。汗

②鼻の血液量が増えたため
暑くてのぼせてしまったときなど、
大人でも鼻血が出てしまうことありますよね。

子供もそれと同じです。

気温が上がったり、興奮したときなど、
血流が増加し鼻の粘膜が破れてしまって鼻血が…と言うことです。

③なにか深刻な病気かも?
鼻血自体は問題ないかと思いますが、あまりに繰り返したり、
止血まで30分以上かかるなど…と言う鼻血が続く場合は、深刻な病気が原因であることも考えられます。

様子が普段と違うかも?と感じることがあったら、
お医者さんに相談してみてくださいね!

鼻血が出た!そんな時に実はおすすめできない対象法2つ


鼻血が出てしまったとき、みなさんはどうしますか?
上を向いて、首の後ろをトントン…なんて、よく見かけますよね。

ところがこれ!ブブーッ!なんです!

かく言う私も、昔から自分で鼻血が出たときはそうしていました。

が、ある時病院で鼻血の話になった時に、それはいけませんよー!と
教えていただいたのです。

なんでも、上を向いてしまうと、
鼻血が喉の方に流れてしまって、気持ち悪くなってしまうそうです!

そういわれてみると、鼻と喉はつながってるし…と納得ですね。

あと、よく見かけるのが鼻にティッシュを詰める方法。

鼻血が出た人の85%くらいがやってるくらいのベターな方法なんじゃないの…
と私は思うんですが、これもなんとブブーッ!なんです。

えぇぇ…、ウッソー…。

何が悪いかと言うと、
ティッシュを詰めることで鼻の粘膜を傷つけてしまったり、
またティッシュを抜くときにせっかく固まった血液がはがれてまた鼻血が出たり…と。

とにかくあまりお勧めはできないそうです。

ただ、ティッシュについては出血個所の圧迫にはなるので、
出血が止まってしばらくしてからそろーっと抜く分には、特に問題ないそうです。

ずっとボトボト鼻血を垂らしているわけにもいかない状況もありますので、
ティッシュを詰められるのは助かりますね!


Sponserd Links




子供の鼻血、正しい対処法5ステップ

では、上向いてトントンがダメ、
ティッシュ詰めるのもダメならどうしたら!?

とイライラした皆さんの表情が見えてきます。

わかります。

きっと、お医者さんにダメだって言われた時の私と同じかをだと思います。

なので、そんな皆さんに、私がお医者さんに聞いた鼻血対象法5ステップをご紹介します!

1 座らせる(椅子か、なければ地べたでもOK)
2 首を曲げて下を向かせる
3 ティッシュで軽く抑える(詰めずに、垂れないよう抑える程度)
4 鼻を強くつまむ
5 3~5分程度、出血が止まるまでつまんだままにする

以上です!

今までの人生感が覆されるほど、思ってたのと正反対だな!!!
と、当時は衝撃を受けました。

小学生くらいになればともかく
小さいお子さんだと座って下を向かせて…と言うのは大変だと思いますので、
お母さんの膝の上にのせて、膝に絵本を乗せて読んであげるなどすると
自然と良い態勢になりますよ。

まとめ


子供の鼻血、よくある事だと思ってはいても心配ですよね。
今回はそんな鼻血の原因と対処法を紹介いたしました。

【原因】
・鼻をほじったり…で、鼻の粘膜が傷つく
・気温や興奮でぽーっとのぼせる
・なにか重大な病気かも!?

【対処法】
・有名な上を向いて首トントンをティッシュを詰めるはNG!
・まずは座らせて、下を向かせる
・出血が止まるまでギュッと鼻をつまむ

原因や対処法がわかっても、やっぱり頻繁な鼻血は心配ですよね。

あまりに繰り返すようなら、
何もなければそれはそれで安心できるので、耳鼻科の受診もおすすめします。

もっと大きく健康に育つとどんどん鼻血も出なくなりますので、
それまで暖かく見守りましょう!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする