手足口病の登園っていつから良いの?

子供の病気はたくさんありますが、特に困るのが感染症。

登園禁止になってしまうと、
働くお母さんは会社も休まなきゃいけないし…と苦労がいっぱいですよね。

そんな感染症の中でも、特に夏に流行する手足口病。

手足口病と一言で言っても

・手足口病になるとどんな症状なの?
・園や学校はどれくらい休むの?
・感染するの?

などなど疑問がたくさん・・・


いざ手足口病になった時に慌てないよう、
事前に対応をチェックしておきましょう!

Sponserd Links


そもそも手足口病とは?

手足口病とは、夏に流行するウィルス性の感染症の1つです。

患者のほとんどは5歳未満の幼児ですが、
まれに大人も感染する事があるそうです。

また、1度かかったらそれっきり、という事ではなく、何度も感染してしまう厄介さ。

ちなみにちうちの息子はもう小学校2年生ですが、
未だにほぼ年に1回ペースでかかります。弱い…。涙

夏は他にもヘルパンギーナやプール熱なんかも流行しますので、
小さなお子さんのいるご家庭は気が休まらない季節ですよね!


手足口病ってどんな症状?


手足口病は、3〜6日の潜伏期間を経て発症します。

主な症状は口の中、手のひら、足の裏などに水泡性の発疹、
1〜3日間発熱する事もあります。
(息子は39度くらい出ますが、友達は出ないので人によりみたいです…)

口の中に発疹ができたら、手足口病?それともヘルパンギーナ??

同じく夏に流行するものとして
ヘルパンギーナがあります。

手足口病もヘルパンギーナも口の中に発疹ができます。
そういった場合はどう見分けたらいいか?ということなんですが・・・

頬の裏あたりなら手足口病、
喉の奥ならヘルパンギーナと見分けるのが良いそうです。

必ずと言うわけではありませんが、1つの目安に、と小児科の先生に教えていただきました!

感染症は積極的に総ナメして行く流行に乗りやすい息子が言うには、
飲み込むのが痛くて辛いぶん、ヘルパンギーナの方が嫌だ…だそうです。

ご参考までに!笑


手足口病は治るまでどのくらい?感染期間は?


発症してから症状が治るまで、大体7〜10日前後かかると言われています。

最初に発熱が1〜3日程度続き、
熱がおさまった頃に水泡や発疹、口内炎が現れ、大体1週間程度で良くなると言うのが一般的です。


手足口病の観戦期間はどのくらい?

ちなみに感染期間は、なんと驚きの1ヶ月程度だそうです…!


最もうつりやすいのは
発症から2週間程度とのことですが、

排泄物には1ヶ月ほど含まれてしまうそうで、
集団生活を送っているお子さんの場合、他の子への感染が心配ですよね。

だからと言って1ヶ月も幼稚園や保育園を休ませるなんて…。
そもそも働くお母さんの場合、そんな会社休んだらクビになるわって話だと思います。

では、1ヶ月は無理だとしても、どのくらいの期間休ませれば、登園はOKなのでしょうか?


Sponserd Links




手足口病の登園禁止期間は?

3日間?5日間?とビクビクしているお母さん。
大丈夫です。

実は手足口病、国としては登園禁止に定めていない感染症なのです!!

わーい、助かる〜。笑

ただ、やはり幼稚園や保育園も子供達を預かる責任ある立場。
独自に登園禁止期間を定めている場合もあるそうです。

例えば
・症状が治まるまでは登園しないでください
・お医者さんの登録許可書がなければ登園禁止
などがあるそうです。

ちなみにうちの息子の場合、
保育園…発疹がおさまれば登園OK
小学校…特に規定なし(小学生はあまりかからないからですかね…うちの子はともかく)
と言うことでした。

なので、休ませなきゃ行けなかったのに連れて行ってしまった…だとか、
逆に連れて行ってしまったのに休ませてしまった…とならないよう、
事前に幼稚園、保育園に確認しておくと良いと思います♪


手足口病の登園の目安はいつから?


特に園で規定を定めていない場合は、
子供の様子で判断するのが良いと思います。

手足口病マスターの息子の場合ですが、
1.ぐったりしたり、様子がおかしいところはないか
2.口内炎はないか
3.熱は下がっているか
4.発疹が乾いているか(なくなるまでは待たなくても良いって保育士さんが言うから…!笑)

上記4つをクリアできれば登園、と言う我が家ルールを定めていました。

明らかに症状がある時に登園させて他の子に感染したら、
親御さんともトラブルになりかねません。

それを防ぐためにも、ある一定のボーダーラインは決めておくのが良いと思いますよ!

心配なときは園の先生に一度相談してみるのも良いと思います。

まとめ


感染しやすく流行しやすい手足口病ですが、
事前に症状や対処法を知っていれば、そんなに怖い病気ではありません。

(他の感染症に比べればそこまでつらくないよ!と、感染症マスターの息子談。笑)

1.発熱と発疹と口内炎は手足口病のサイン!
2.登園については、まずは園に相談を!
3.最終的な判断は子供の様子と相談して!

以上、3つのポイントを意識して、間近に迫った感染症の夏を乗り切りましょう!


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする