赤ちゃんの鼻水吸引するべき?現役ママおすすめの吸引方法と吸引器具!


赤ちゃんの鼻風邪、鼻づまりって見ていて苦しそうで代わってあげたくなりますよね?

赤ちゃんは鼻の中を通る管が狭く、大人よりも鼻風邪になりやすいのだそうです。

私の子供も今まで何度鼻風邪を引いたか、
数えるのも面倒なくらい小児科や耳鼻科にはお世話になりました。

でも、病院での鼻水吸引もなかなかにしんどいんですよね!

これでもかという程暴れまくる子供を
周りの大人がママの胸に押し付けて大人しくさせようとするので、
壁になっているこっちは痛いのなんのって、
本当子育ての中で一番力がいるんじゃないかと思う程です。

でも、そうまでして鼻水を吸引する必要あるのでしょうか?

ここでは、
赤ちゃんの鼻水を吸引するべき理由 とその吸引方法 についてご紹介します!

Sponserd Links


なぜ鼻水を吸引するべきなのか?


赤ちゃんは普段鼻呼吸で息をしています。

口呼吸がまだまだ上手じゃないので、
鼻が詰まってしまうと呼吸しづらくなり、
赤ちゃんにとってとても苦しい状態になります。

鼻詰まりの時って、
寝ている時に赤ちゃんがふがふが言っていたり、
いびきをかいていたりすることありませんか?

「鼻が詰まって苦しいよー」という赤ちゃんのサインです。

自分で鼻をすする力も弱く、
何より鼻水自体に細菌やウイルスが沢山潜んでいるので、
勝手に吸わせておくわけにはいきません。

鼻水を溜めたままにすると、
副鼻腔炎・中耳炎に発展することも珍しくないので、
貯めた状態のままでいさせない為に、こまめに吸引してあげる必要があります。

かと言って、赤ちゃんに鼻をかませるのは難しいと思います。

そこで、パパやママが上手に取ってあげることが大切になってきます。

Sponserd Links



家で手軽にできる吸引方法


鼻水を口で直接吸うと奥まで吸えないうえに、
病気も移るし、何より自分の子供でも少し抵抗がありますよね?


かと言って、綿棒ですると同じく奥まで取れない上に、
鼻の粘膜を傷付けてしまい大変危険です。

そこで家で使える専用の吸引機器を使うのがおすすめです!

鼻水の吸引機器にも大きく3つの種類があります。

1.電動吸引器

自動的に鼻水を吸ってくれる専用の機械です。

<メリット>
・吸引力が強く、楽に奥の方まで鼻水を吸引できる
・5秒ほどで吸えるので、子供があまり嫌がらない
・大人も使えるので、長く利用できる
・菌が人に移る心配がない

<デメリット>
・値段が高い
・機械によってサイズが大きく、置き場所に困る
・重たくて持ち運びに不便
・手入れが面倒

2.口で吸うタイプの吸引器

親がチューブを吸うことで、鼻水が取れる器具です。

<メリット>
・価格が手ごろ
・様子を見て口元で吸引力を変えられるので、鼻の粘膜を傷付ける心配がない
・手軽に使用できるのに、奥の方までしっかり吸える

<デメリット>
・嫌がる子供を押さえつけたり、かなりの吸引力が必要なのでとても疲れる
・器具で繋がっているので、吸っている側が菌をもらう可能性がある
・簡単に洗えるものの、分解する部分が多くて少し面倒

3.スポイトタイプの吸引器

使用方法は普通のスポイトと同じく、鼻に差し込んでしゅぽしゅぽ鼻水を吸い取ってくれるスポイトです。

<メリット>
・大人が吸う必要がなく、手軽にいつでも吸ってあげる
・小さいので持ち運びが簡単
・楽に洗える
・赤ちゃんのタイミングに合わせて、素早く吸える

<デメリット>
・使い方が難しく、コツがいる
・吸引力が低く、奥の鼻水を取るのが難しい
・スポイトの先が細いので、粘膜を傷付ける可能性がある


おすすめ吸引器機「ママ鼻水トッテ」


おすすめなのは、上記2の「口で吸うタイプの吸引器」です。

その中でも「ママ鼻水トッテ」という商品が医師考案の安心構造で、
一番鼻水が取りやすいのでおすすめです。

価格も手ごろで置き場所にも困らず、
吸う力を調節しながらしっかり吸えるので、手軽にちゃんとケアができます。

分解するのが少し面倒ですが、
比較的簡単に洗えるので、あまりストレスなく清潔な状態で使用できます。

私はまず病院でしっかり吸引してもらい、
家でお風呂上りの鼻水がふやけて取りやすい時に「ママ鼻水トッテ」で吸引してあげていました。

症状が出ている間は毎日こまめに吸ってあげて、
病院で処方された薬も飲ませていれば1週間ほどでだいたいの鼻水は治せました。

ただ、菌が移る可能性が高いので、使用後は必ずうがい をしっかりしていました。

かなり体力は使いますが、鼻水と戦っている赤ちゃんの気持ちを考えると自然と頑張れますよ!

ただ、
中にはもっと楽に鼻水を取りたい、
風邪になりやすい、
菌が移るのは困る
といった方もいると思うので、
そういう方は1「電動吸引器」のや3の「スポイトタイプの吸引器」を使うことをおすすめします!

現在はハンディタイプの電動吸引器もあるようなので、
価格を考えなければ多少重たくても持ち運びが出来て便利だと思いますよ。

まとめ


鼻水を放置すると

呼吸がしにくく、赤ちゃんが苦しい
・ウイルスごと鼻水を吸ってしまい、症状が悪化し治りにくい
・細菌やウイルスが繁殖し、中耳炎など二次症状に繋がる

以上のように、赤ちゃんが苦しい状態を長引かせてしまいます。

こまめに鼻水を吸引することで、
病原菌を体から取り除き、鼻水を早く治すことができるので
積極的に家でも吸引してあげるべきなんですね。

吸引方法としておすすめなのが吸引機器を使うこと。

鼻水の吸引器には

1. 電動吸引器
2. 口で吸い込むチューブ型の吸引器
3. スポイト型の吸引器

の3種類の機器があります。

各々メリット・デメリットを見ながら各ご家庭に合った吸引器を使って、
上手に鼻水ケアをしてあげて下さい。

鼻がずるずるだと赤ちゃんも機嫌が悪くお世話も大変ですよね。

早く治してあげるためにも、こまめに吸うことがとっても大事ですよ。

ママもパパも協力して
赤ちゃんの鼻をスッキリさせるお手伝いをしてあげて下さい。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする