育児中みんなどうしてる?6つの工夫で家事も仕事も両立できる!


育児だけで疲れるのに、家事に加えて仕事もし始めるとやることが多すぎてママはてんやわんやと大変ですよね!

その上自分の自由な時間は一向に取れないで不満が溜まり、疲れている人も多いのでは?

私はまだ働いていませんが、それでも自分の時間がなかなかできず、上手く時間を活用できず悩んでいました。

一体仕事までしている人はどういう工夫をしているんだろうと色々と調べたものです。

その中ですぐに試せる、ちょっとした生活の工夫がいくつかあり、
家事が楽になり、随分隙間時間を作ることができました。

育児や家事がうんと楽になる6つの工夫を紹介していきます。

Sponserd Links


昼寝時間の活用


とにかく子供が寝ている内にやることを全部やってしまう。

1時間でも洗い物や書類整理、床掃除などやろうと思えば一気にできます!

子供が起きている内は目が離せなかったり、集中できないと思うので、
子供が寝た隙に自分がやっておきたい家事をしてしまいましょう。

また、一方で子供の睡眠時間をママが思いっきり休む時間にあてるのもいいと思います。

寝てる時間は子供から解放される貴重な時間です。

最大の自由時間として、ここぞとばかりに好きな事をするのもおすすめです。

育児のストレスがだいぶ解消されますよ。

パパの担当を決めておく


パパの担当家事を決めて しまいましょう。

お風呂に入れる、夕食の片づけはパパの仕事とお願いしておけば、ママの時間がかなりできます。

パパの気分によって家事を手伝ってもらうと、
してくれなかった日は「今日はしてくれないんだ」とちょっと嫌な気分になったり、
決まった時間に自由な時間を取ることができないので、
あらかじめ家事の分担をしておくとパパもママも気持ちよく過ごせるはずです。

洗濯は夜のうちに


洗濯する時間を工夫してみましょう。

夕飯を作りながら洗濯を回し、
子供がお風呂に入っている時や寝かしつけた後の夜の内に洗濯物を干しておく
と次の朝時間に余裕が生まれます。

また、私はよく夜寝る前に洗濯を予約 しておいて、朝すぐに干せるよう準備をしていました。

子供の後追いがあったりすると、朝一から洗濯を準備するだけでも時間がかかるので、
夜の内に回したり、朝したいときにすぐ干せる状態にしておくだけでも次の日、余裕をもってスタートできますよ。

冷凍庫の活用


週末パパが子供の面倒を見てくれるような時間があるときに、ご飯はまとめて作って しまい、冷凍庫で冷凍保存 してしまいましょう。

忙しい平日、冷凍ならチンして温めればすぐ食べられるので、
例え仕事から帰って来ても、疲れた中一から料理をする必要もなくなります。

ハンバーグやカレーなどは一気に作って、冷凍できるのでいいですよ。

あと、週末スーパーでまとめ買いした肉を、小分けして冷凍 しておくと料理するときにパッと出せるので便利です。

少しの野菜さえ買い置きしておけば、いちいちスーパーに買いに行く必要もありません。

肉って本当に消費期限が近いですからね、こまめに買いに行くのが面倒で私もよく冷凍庫に貯めています。

電化製品の活用


食洗器や、レシピの提案や入れるだけで料理が出来上がるCook4me(クックフォーミー)のようなクッキングサポーター、
勝手にお掃除してくれるルンバ など、
色んな電化製品に頼るのもいい工夫です。

特に食洗器 は活用している方多いのではないでしょうか?
私も家にありますが、食器を入れるだけで、洗い物の時間が大幅に短縮できて本当に助かっています。

子供がいる家庭だと、できたら毎日掃除したいけどなかなか忙しいので難しいですよね。

そんなときも機械に頼んで毎日勝手にお掃除してもらったら、とっても楽だと思いますよ。
子育てを理由に、パパにねだってみてはいかがでしょうか?



ネットスーパーの活用


子供を連れてスーパーに行くのって結構大変だったりしますよね。

泣くし、じっとしていないし、子供を抱えて荷物を持って家に帰るのも一苦労です。
その分、ネットスーパーは家でいつでもほしい時に注文できて、持ってきてもらえるのでとても助かりますよね!

いくら送料がかかろうが、子供が大きくなろうが、その便利さがやめられなくてずっと続けている人が多いのも頷けます。
ネット社会の利点をママも存分に利用しちゃいましょう。

まとめ

育児も家事も仕事も両立するための生活の工夫をまとめると

1. 子供が寝ている間に好きな事をする
2. 夫婦でしっかり家事分担をする
3. 夜の内に洗濯の準備をする
4. 食品を冷凍しておき、料理時間を短縮する
5. 電化製品に家事を頼る
6. ネットで楽々お買い物を済ます

の順に紹介しました。

お金がかかることを気にしたり、どうせそこまで変わらないだろうと思い込まず、まずは試しに一つやってみて下さい。

電化製品は長く使えるので、そんなに大きな出費に感じることありませんし、
洗濯を夜に回すなんてちょっとしたことだけで、本当に1日の始まりに余裕が持てますよ。

工夫できるところは工夫して、どんどん手を抜いてしまいましょう!

育児中でも、きっと上手く家事も仕事も両立できるようになりますよ。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする