家でできる乳児湿疹のケア方法とは? 綺麗なお顔に早く戻したい人必見

乳児湿疹といっても一言では言えず、乳児にできる全ての湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼んでいるそうです。
ただでさえ赤ちゃんの皮膚は表面が薄く、外気に敏感なのに、生後3カ月~3歳くらいまではなんと、人生で一番肌が乾燥すると言われているそうなのです!

それじゃ余計、肌荒れするに決まってますよね。

私も赤ちゃんの頃に、酷い乾燥性湿疹になったことがあり、治りかけの所も繰り返し掻くので治るのに時間がかかって、本当にかわいそうだったと母から聞いたことがあります。

皆さんも子供の可愛いほっぺにぶつぶつが一杯できたり、ぐじゅぐじゅに炎症して辛そうにしている姿を見ると早く治してあげたいですよね。

子供が乳児湿疹になってしまったときに、家でもできるケア方法を症状別に 紹介します。

Sponserd Links

新生児ニキビ


生後1週間~3カ月の間に多く発症し、思春期ニキビとのような赤いぶつぶつが顔に現れます。


ママからもらった女性ホルモンの影響 で皮脂が過剰分泌されやすく、未発達の毛穴に皮脂や汚れが詰まる ことでできるようです。
なんだか少し申し訳ないですね。

【ケア方法】
とにかく肌を清潔にすることが大切です。
ガーゼでこまめに汗を拭き取ってあげて下さい。
顔に当たるシーツなど寝具も毎日洗濯するなどして清潔な状態を保ちましょう。
爪で引っ掻くことによって、症状を悪化させることがあるので爪の手入れも欠かさずやってあげて下さい。
そしてお風呂では、赤ちゃん用の刺激の少ない石鹸かボディソープで泡をしっかり立て
て優しくなぞるように顔を洗います。

脂漏性皮膚炎


生後5、6カ月頃までによく出ます。
新生児ニキビと違い顔や頭に黄色いかさぶたのようなものができます。皮脂分泌が多いおでこや眉毛、髪の生え際によく表れ、悪化するとぐじゅぐじゅしたり、腫れたりします。
小児科で何人か見かけたことがありますが、酷い症状の子は見るだけでかわいそうで、代わってあげたくなります。
新生児ニキビ同様、皮脂の分泌が盛んな赤ちゃんの毛穴に皮脂が詰まることでなります。

【ケア方法】
新生児ニキビのケア方法と同じく、皮脂がたまらないように頭や顔を清潔に保つことが
大切です。
その他、コットンなどにベビーオイルまたはオリーブオイルをたっぷり染み込ませ、かさぶた部分にしばらく当て、ふやけたら泡で洗い流します。
このとき、全部取ってやりたくなる気持ちもわかりますが、無理にかさぶたを取って肌を傷つけない ように注意しましょう。

乾燥性皮膚炎


皮脂が大量に分泌される2~3ヵ月を過ぎてから3歳くらいまで、乾燥性皮膚炎になりやすくなります(特に冬の時期)。
皮脂の分泌量が減って、肌が乾燥に耐え切れなくなり炎症を起こします。
乾燥で肌がひび割れたり、粉がふくようになり、かぶれやかゆみを伴うこともあります。
私の子供は乾燥性皮膚炎になりかけた時、像の皮膚のようなカサカサした肌になっていました。

【ケア方法】
保湿力の高いワセリンなどを1日数回こまめに塗り、潤いをキープさせてあげます。
お風呂では、ごしごしと擦ると肌の角質が落ち過ぎて、かえって乾燥を悪化させてしまうので、手の平の泡で優しく洗って あげて下さい。
お風呂上りは急激に肌が乾燥していくので、軽く体を拭いたら出来るだけすぐに保湿 しましょう。
可能であれば加湿器を置いたり、部屋干しするなどして室内の湿度を一定に保てると効果的にケアできます。

Sponserd Links


乳児湿疹のケア方法まとめ


紹介した症状は、「皮脂の分泌が多い時期」に起こる乳児湿疹と「皮脂の分泌が少なく乾燥する時期」に起こるものの2つに分けることができます。

それぞれの時期のケア方法をまとめると

<皮脂の分泌が多い時期>
汗をこまめに拭き、余分な皮脂を抑える
寝具は常に清潔な状態にする
爪を短く切る
入浴時はしっかり立てた泡で優しく洗う
脂漏性湿疹のかさぶたは、ベビーオイルなどを付けてふやかし、洗い取る

<皮脂の分泌が少なく乾燥する時期>
クリームやワセリンで、こまめに保湿する
擦らず、泡で優しく洗う
風呂上りはすぐに保湿する
加湿器の使用や部屋干しをして室内の湿度を保つ

以上のようになります。

全て簡単に、今すぐできる事ばかりだと思います。

まず発症したら病院に行ってもらいたいですが、その後のママのケア次第で直りが早くなるはずです。
大切な赤ちゃんのきめ細かなベビー肌を守ってあげましょう。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする