イベント

青谷梅林梅まつり2017!開花状況や見頃は?

2017/03/14

青谷梅林(あおだにばいりん)

梅の産地として知られる

京都府城陽市にある梅林です。

京都の寺社の中には

梅の花を楽しめるものも多くありますが

青谷梅林ではまた一味違う梅を楽しむことができます。

今回は、

青谷梅林で行われる梅まつり について

お伝えします。

Sponserd Links


青谷梅林って?


青谷梅林は

京都府で1番の梅の生産量を誇る城陽市にある梅林 です。

鎌倉時代の歌の中にも

青谷梅林について読まれたものがあるため

鎌倉時代には既に存在していたのではと

言われています。


約20ヘクタールの土地には

白梅を中心に約10000本の梅が植えられ、

梅林が近づくにつれて

梅の香りがただよいます。

青谷梅林は生産用の梅林のため

白梅が中心の梅林となっています。


青谷梅林梅まつりの基本情報



開催期間:2017年2月25日~3月20日

梅の見頃時期:2月下旬~3月下旬

梅の種類:城州白、白加賀、小梅など

開園時間:入園自由
※売店の営業は10:00~15:00

入園料:梅まつり期間中は無料

場所:青谷梅林

住所:京都府城陽市中中山

電話:
0774-56-4029(城陽市観光協会)
0774-56-4019(城陽市商工観光課)



青谷梅林梅の見頃や開花状況は?


青谷梅林では

例年2月下旬に梅が咲き始めます。

2015年の梅の開花状況を見ると

見頃が3月14日以降

3月20日頃に満開でした。

青谷梅林は比較的遅咲きで、

見頃を迎えるのは

例年3月上旬から中旬頃 のようです。

これまでの開花状況は

ですが、梅の開花状況は

2016年
2月29日 5分咲き
3月4日 7分咲き
3月9日 満開
3月12日 散り始め


2016年
2月21日 ほとんど咲いていない
2月28日 咲き始め
3月4日 2~3分咲き
3月12日 3~5分咲き
3月16日 7分咲き
3月20日 満開
3月22日 満開のため梅まつり終了


となっています。


ですが、梅の開花状況は

その気象条件に左右されるので

城陽市観光協会のサイト

梅の開花状況を確認してください。


〇2017年3月13日追記〇

城陽市観光協会のサイトによると

2017年の梅の開花状況は
2月25日 咲き始め 
3月 4日 5分咲き
3月12日 7分咲き

となっています。


Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


青谷梅林梅まつりの見どころは?


青谷梅林は

生産用の梅が植えられているため

普段は立ち入ることができませんが、

梅まつり中は立ち入りOKのエリアも設けられます。

特に城州白 という梅は

青谷梅林でしか見れないので

この機会にじっくりと見てくださいね。

梅まつり開催中の土日祝日には

梅かおるコンサートや

ひょっとこ踊り、舞踏パフォーマンス


などが行われます。


また、会場内では梅うどん、梅おにぎり、

梅エキス、梅干しなどの梅製品や

それ以外の特産品、

軽食が売られる売店も出るので

お腹もいっぱいになりそうですね♪


青谷梅林梅まつりへのアクセス

住所:京都府城陽市中中山

地図:



●電車の場合
JR奈良線『山城青谷』駅より 徒歩20分

●バスの場合
近鉄『大久保』駅から京阪宇治交通バス『たつみ畑』下車

●車の場合
・第2京阪自動車道『久御山南IC』より約5km
・京滋バイパス『巨椋IC』より国道24号経由15km

駐車場:有
収容台数140台 普通車500円 バス1000円、バイク100円

※周辺道路が狭く、
駐車場の入場渋滞が予想されるため
公共交通機関の利用がおすすめです。


Sponserd Links

-イベント,