すだれの効果的な使い方は?どんな効果があるの?

皆さんは夏ってどうやって乗り切ってますか?

私も子供の頃は扇風機で乗り切ったものですが、ここ何年かはエアコンを使いまくってますね(;^_^A。


でも、暑い部屋の中でエアコンをつけっぱなしにしていると電気代が恐ろしいことになってしまいますよね・・・。


というわけで、電気代を節約しつつ快適に夏を過ごす方法を紹介します。

Sponserd Links



まず、

何が室内の温度を上げているのか?

ということですが、答えは

日光 です。

日光ならカーテンで遮断してるよ!という方がいるかと思いますが、

カーテンに直射日光が当たると、表面の温度がかなり上がるだけでなく、
カーテンの熱が室内に放熱されて、室内の温度を上げてしまいます。


例えば、南側の部屋よりも、北側の部屋の方が涼しいですよね?
それは北側の部屋のほうが日光が当たらないからです。

ということは、

室外で日光を防ぐことができれば、
放熱も外でされるから室内の温度があがらないということになりますよね。

ということで、今回はこれにぴったりの
すだれ
を紹介したいと思います。

すだれって何?

すだれとは、細い竹をならべて糸でつないだものです。

こんなかんじのものです。

213809
見たことがある方も多いんじゃないでしょうか?
でも実は、これよりももっと皆さんがとく見るすだれもあって、それがこちらです。


1e76164310a2055cd77e17338233f039_s

美味しそうな鴨南ですね!

・・・ではなくて、このそばの下にしいてあるもすだれなんです!

これは竹すだれというそうですよ。

私はざるそばとかざるうどんの下にしいてあるので、ざるっていうのかと思ってました・・・

こんな感じで実は身近なすだれの効果について紹介したいと思います。

すだれをつけるとなんで涼しくなるの?

すだれは竹を並べて糸でつないだものなので、竹と竹との間に隙間があります。

この隙間に空気がたまるんですが、これが熱を防いでくれるので室内に熱がこもりにくくなります。

日光だけでなく熱も遮断してくれる というわけですね。

また、すだれに霧吹きなどで水を吹きかけると、
室内により涼しい風が流れ込んでくる効果があると言われています。

すだれとよしずの違い
夏を快適に過ごす道具としてすだれ以外にもよしずというものもあります。

聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

では、すだれとよじすの違いは何なのでしょうか?

すだれは主に吊るして使います。
原料はさきほど説明した通り、竹ですね。

すだれは屋外に吊るした方が遮熱効果がありますが、室内に吊るすこともできます。

また、色々なサイズがあるので使用したい場所に合わせて大きさを選ぶことができます。

よしずは主に屋外に立てかけて使います。
そして原料はアシという植物です。すだれよりも大きいので、ベランダや軒先に立てかけて使われています。

こんな感じですね。

9a65b57fcbca2da06b4c27b58166201b_s

基本的にはどちらも同じ効果ですが、サイズが選べる分すだれのほうが使いやすいかもしれませんね。

まとめ

すだれの効果は・・・
  • 遮熱
  • 遮光
  • 風の通りは良いまま
  • 霧吹きで水を吹きかければさらに涼しい!

となります。

熱すぎて毎日エアコンをつけまくっているという方は、すだれを使ってみてはいかがでしょうか?

すだれは最近100均でも売っていますからお手軽ですよ。

では今回はここまでになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする