端午の節句の『ちまき』なんで食べるの?名前の由来は?

端午の節句といえば

ちまきですね。


端午の節句にちまきを食べるのは

知っているけど

なんで端午の節句にちまきを食べるの?

そもそもちまきって何?

なんでちまきはぐるぐる巻きなの?



など様々な疑問が・・・

ということで今回は

端午の節句に食べるちまきについて

お伝えしたいと思います。


Sponserd Links


ちまきとは?




ちまきとは元々

中国から伝わった料理です。


ちまきの作り方は、

もち米やうるち米で作った餅

三角形や細長い棒状にし、

それを笹などの葉で包んで

葉ごと加熱(蒸す・茹でる)します。


食べるときは

ちまきの笹を剥いて食べます。



ちまきの由来

端午の節句にちまきを食べる風習は

中国からやってきました。

約2300年前、中国に

屈原(くつげん)という詩人がいました。

この人は国王の側近で

人望厚く民からすごく慕われていました。

しかし、陰謀に巻き込まれ

失脚してしまいます。

屈原は国を追われ、

入水自殺してしまいました。


屈原の死を悲しんだ民衆は

川に沈んだ屈原の体が

魚に食べられてしまわないよう

ちまきを川に投げ込み

魚が屈原の体を食べずに

ちまきを食べるようにすることで

屈原を弔いました。

これが5月5日の 出来事だったと言われています。


そのあとしばらくして

近くに住んでいた者が

屈原の幽霊に出会います!


話を聞いてみると

『ちまきを投げ入れてくれるのは有り難いが

自分のところに来る前に

川に住む蛇竜(こうりゅう)に

ちまきを奪われてしまうので

蛇竜の嫌いな楝樹(れんじゅ)の葉 で包み、

五色の糸で縛って ほしい』

とのこと。

これを聞いた里の者が

楝樹(れんじゅ)の葉で包み、

五色の糸で縛ったちまきを投げ入れたところ

無事に屈原の元まで届いたとのことでした。


これに由来して

ちまきを食べることで

災いを祓う風習ができました。


端午の節句にちまきを食べることで

子どもの無病息災を祈るものですね。


Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


日本のちまきと中国のちまきの違いは?

ちまきは元々

中国からやってきたものですが

今では日本のちまきと中国のちまきでは

かなり大きな違いがあります。


日本のちまきは

もち米だけで作った餅を笹で包んだものですが、

それに対して

中国のちまきは

もち米の中に肉やタケノコ

が入っています。

こちらで中華ちまきの作り方が紹介されています。



ちまきは笹を使って作るものなんですが

この動画ではクッキングシートで

ちまきを作っています。

笹を使うよりも手軽で良いかもしれないですね!



ちまきの形が違うのはなんで?


ちまきの形には

三角形や縦長 のものがあります。

形によって意味が違うのかな~

と思ったんですが

どうやらそうではなく、


地域によって違うそうです!

縦長のちまきは

秋田県と山形県

三角形のちまきは

東北から日本海側 で食べられているそうです。


それから、新潟にはきなこをつけて食べる

三角ちまきがあります。



これは米だけの日本のちまきとも

具が入っている中国のちまきとも違いますね!


あんこ入りのものもあるようので

ちまきの種類は地域によって

様々なようですね。




Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする