雛人形の処分方法!役目が終わった雛人形はどうしたらいい?

ひな祭りで飾る雛人形


昔は嫁入り道具の1つとして

雛人形を持って嫁いでいました。

なので、

雛人形が今も実家に置きっぱなし

という人も多いのではないかと思います。


実家でもスペースをとるし

できれば処分したいけど

人形だしそのまま捨てるのはマズイ気がしますね。


ということで今回は

雛人形の処分方法 について

紹介していきます。


Sponserd Links




雛人形の処分のタイミングは?


そもそも

雛人形を処分するタイミング

というのはいつなのでしょうか?


私は

嫁入り道具として雛人形を持って嫁いだら、

『その娘が嫁ぐときに

雛人形を持っていくもの』

なのかなと思ってたんですが

違いました(-_-;)



雛人形は何世代もかけて

使うものではなく、

女の子が成人して嫁いだら処分する

ものとされているようです。




なぜ雛人形は世代をまたいで使わないのか?


現代では

女の子の成長を祝って

雛人形を飾っていますが、

元々は

子どもに降りかかる災難を代わりに受けてくれる依り代

という意味がありました。



『流し雛』という行事を

聞いたことがあるかもしれませんが

これも

子どもに降りかかる災いを人形に託し、

その人形を革や海に流すことで

子どもの健康を願う
行事です。


つまり、

雛人形は子どもの代わりに

厄災を受けてくれているんですね。



この雛人形を一代で処分せず

子どもや孫に引き継いでいくことは

厄災も引き継ぐことになってしまいますから

子どもが成人し嫁いだら

その雛人形はもう十分に役目を果たした

ということで

処分したり供養することになります。



Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">




雛人形の処分や供養する方法は?

雛人形の処分ですが、

人形にかかわらず

ぬいぐるみもそうなんですが

生き物や人の形のものを

ごみとして捨てるのは気が引けます。


それに雛人形は

子どもに降りかかる厄災を肩代わりしてくれた存在

そんな人形をゴミと処分するのは

ちょっと申し訳なさすぎると

個人的には思います。



神社やお寺では人形供養といって

雛人形だけに関わらず、

人形全般の供養を行うところが多いので、

家の近くの神社やお寺で雛人形の供養 をしてもらいましょう。



家の近くに神社やお寺がない場合は?



家の近くに神社やお寺がない場合は

人形供養代行サービス

を利用してはどうでしょうか?


これに申し込むと

お人形差出キットとが送られてきます。



これに雛人形を入れて送ると

毎年10月頃に行われる

『東京大神宮感謝祭』

雛人形を供養してくれます。



金額は一箱5000円、

受付できるものとできないものが

日本人形協会のサイトに載っているので

ご覧ください。

一般社団法人日本人形協会



雛人形を誰かにあげるのはアリか?


個人的にはナシ だと思います。


先ほど説明しましたが、

雛人形は本来

子どもの厄災を肩代わりする存在

でした。


それを処分しないで誰かにあげると

厄災も引き継がれちゃうんじゃ?

と思ってしまうからです^^;


もちろん

あげる人ももらう人も

気にしないのであれば

問題ないかと思うんですが


まとめ


雛人形が

子どもにふりかかる災いを肩代わりしてくれる存在

というのは知りませんでした。


そんな重要な役割をしてくれた人形なんだから

やっぱり今までありがとうという気持ちも込めて

ちゃんとした方法で処分や供養してあげたいですよね。




Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする