インフルエンザの症状は!?潜伏期間や風邪との違い!

2月に入って

私の周りでも

体調を崩す人が多くなってきました。




会社でも

インフルエンザの人が出たり、

あいつ絶対インフルエンザだな!

って思っていた人が

実はただの風邪だったりして

『なんだよ!驚かせんなよ!(`ェ´)』

となることが多いこの頃です。



ということで今回は

インフルエンザの症状や潜伏期間

風邪との違い
について

お伝えしていきます!



Sponserd Links



インフルエンザの症状は?



インフルエンザウィルスには

通常、潜伏期間が1~3日 あります。


この期間の後

インフルエンザが発症し、

1~3日間は

・38℃以上の高熱

・全身の倦怠感

・食欲不振


などの症状が現れます。



そのあとに遅れて

のどの痛みや咳、

吐き気や腰痛


などの症状が現れる場合があります。


通常、

インフルエンザを発症してから

10日程度

上記のような症状が落ちついてきます。



インフルエンザと風邪はどこが違うの?


インフルエンザは季節性のものなので

毎年11月~3月に流行しますが、

それ以外の期間はほとんど見られません。


それに対して風邪は

1年中かかる可能性があります。


また、風邪の場合は

症状の進み方はゆっくりで

発熱しても大抵は37~38℃程度で、

のどの痛みや咳、

くしゃみ、鼻づまりなどが

主な症状です。


それに対してインフルエンザは

突然高熱が出たり

症状の進み方が急激です。


また、主な症状も

全身がだるい、

食欲が出ない、

筋肉痛や関節痛


などです。




Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">



インフルエンザを予防するには?


インフルエンザは普通の風邪と違って

かなりしんどいです。


私は学生のとき、

「インフルエンザになれば

学校休めるぜ!」


なんて考えていましたが、

いざかかってみると

しんどすぎて学校行った方がマシだな

と思いました(;^_^A



インフルエンザを

完全に予防することはできませんが、

冬は風邪も流行っているので

健康に過ごすにはどうしたらいいか?

についてまとめました。



1.よく寝る
 質の良い睡眠をとり
 寝不足はさける
 
2.ストレスをためない
 病は気からとも言います

3.手洗い、うがいをする
 基本中の基本!
 口の中には雑菌がいるので
 いきなりうがいをせず、
 口の中をゆすいでから
 うがいしましましょう!

4.マスクをする
 マスクをすることで
 湿度を一定に保てます。

5.部屋を加湿する
 室内にいるときは
 加湿器をつけたり
 洗濯物を干して
 湿度を50~60%程度に保ちましょう!

6.インフルエンザの予防接種する
 


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする