如月の意味と由来!なんで如月っていうの?

カレンダーを見てみると

2月の横に如月 って

書いてあることがありますよね?


1月にも睦月って書いてあるし

これが各月の別名だってことは

知ってたんですが、

そもそもなんで2月を如月っていうんだろう?

という疑問が浮かんだので

今回はなぜ2月を如月というのか?

如月の意味や由来について

お伝えしていきたいと思います。

Sponserd Links



如月って何月?


まず初めに、

如月とは旧歴の2月のことをさします。

今使っている1月、2月・・・は

新暦といいます。


旧暦と新暦では

1年が始まる時期も違うので、

本来(旧暦の)如月は

今でいうと2月下旬から4月下旬頃をさします。


ちなみに

如月(きさらぎ)

と読みます。



なんで2月のことを如月っていうの?

まず「如月」の漢字は

『爾雅(じが)』という中国の古い辞書の

「二月を如となす」

という一文に由来しています。


そして、

如月を「きさらぎ」と読むようになった理由には

複数あるので

いくつか紹介していきます。



1つ目は衣更着(きさらぎ)

如月の時期は

一時収まったと思われる寒さがぶり返してきて

洋服(衣)を更に着る月だから

というものです。


国語辞典などには

これが「きさらぎ」の語源であると

書いてあることがあるので

これが1番有力な説かもしれませんね。



2つ目は草木張月(くさきはりづき)

如月が

草木の芽が出始める時期だから

というものです。

如月は旧暦の2月なので

今のカレンダーだと

大体2月下旬~4月下旬頃

にあたります。


この時期は

確かに寒さが厳しいですが、

草木が芽吹いたり

梅が咲き始めたりと

冬と春両方感じる時期でもありますね。



3つ目は気更来(きさらぎ)

2月が

徐々に気温が上がり始める時期であることに

由来しているものです。


Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


2月(如月)の別の呼び方は?


ここまでは、

2月の別名「如月」について

紹介してきましたが

実は如月以外にも

2月には別名があります。


・梅見月(うめみづき)

・開氷(かいひょう)

・建卯月(けんうづき)

・木芽月(このめづき)

・仲春(ちゅうしゅん)

・桃華(とうか)

・仲の春・中の春(なかのはる)

・初花月(はつはなつき)

・雪消月(ゆききえつき)

・雪消月(ゆきげしつき)

・麗月、令月(れいげつ)

・小草生月(をぐさおひつき)



こうしてみると

2月の別名は

色々とあることがわかります。


2月という呼び方は

確かに便利ですが

如月や梅見月などの呼び方も

その時期の自然の変化を

捉えていて素敵ですよね。



Sponserd Links

-
-, ,