どんど焼きの由来と意味!いつやるの?地域による呼び名の違いはある?

お正月が終わると日本各地で

どんど焼き

が行われますね。


ニュース番組で

取り上げられることもあるので、


炎が高々と空に上がる様子は

迫力がありますね。


子どもの頃は

落ち葉で焚き火して

焼き芋焼いたりしてたので、


テレビでどんど焼きを見ると

昔を思い出して懐かしい気持ちになります。


もちろんどんど焼きと焚き火では

全然迫力が違いますが^^;


ということで今回は

どんど焼きについて、

どんど焼きってそもそも何なのか?

どんど焼きの由来や時期、

各地域による違いはあるのか?


についてお伝えしたいと思います!


Sponserd Links



どんど焼きって?由来は?


どんど焼きとは

正月飾り等を燃やす行事で

小正月の1月15日に行われます。


ちなみに

1月1日の元旦から1月7日を『大正月』と呼び、

1月15日の小正月で

正月行事は終わりとされています。


どんど焼きでは、

正月飾りの門松やしめ縄、書初めなどを

火にくべます。



どんど焼きは

地域の行事として行うところもありますが、

神社主催で行っているところもあります。


どんど焼きをやる意味は?


正月には

門松やしめ縄などの正月飾りを飾りますよね?

あれは

正月に各家に来る歳神様

という神様を迎えるためなんです。


そして、

正月飾りを燃やして出る煙で

天に帰る神様を見送る、


これをどんど焼きと呼びます。


お盆には、

迎え火や送り火といった火祭りがありますが、

どんど焼きもこれらの祭りの1つなんですね。


それから、

どんど焼きにはもうひとつの意味がありまして、

どんど焼きの火で焼いた餅や団子を食べると

1年間健康に暮らせる

と言われています。



また、

冒頭で書初めを燃やすということもお話しましたが、

書き初めを燃やして

火が高く上がると書き初めが上手くなる

という言い伝えもあります。


私は書初めが苦手だったので、

小学校の時に是非燃やしたかったですね!!


どんど焼きの名前の由来は?


どんど焼きの名前になった理由については

複数あるのですが、

・竹を燃やした時に鳴る「どん」という音から

・燃やすときに「尊(とうと)尊(とうと)」と囃し立てていたのが

訛ってどんどになった

・火がどんどん燃える様子から


などがあります。


また、地域によっては

どんど焼きを『左義長(さぎちょう)』 と呼びます。


どんど焼きは

鎌倉時代から行なわれていたとされていますが、

その起源は平安時代の

左義長

という宮中行事だとされています。


平安時代には、

正月の15日に青竹を束ねて立て、

毬杖(ぎっちょう)という杖3本を結び、

それに短冊や扇子を添え、

陰陽師が謡い囃しながら焼く

『三毬杖(さぎちょう)』

という行事がありました。



この宮中で行われていた行事が

民間に伝わり、

時と共に変化しながら

現在のどんど焼きになったと言われています。



Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">


どんど焼きはいつやる?




どんど焼きは

小正月にやる行事なので多くの場合

1月14日か1月15日に行われます。

その日が平日の場合は、

1月15日前後の土日にやるところが多いようです。


どんど焼きはどこでやるの?


どんど焼きは

神社 で行われるところもありますが、

子ども会や町内会

主催で行う地域もあります。


昔はその地域の子共達が

材料の調達ややぐらの組立て、飾付けを行い、


火をつける当日の朝に

地区の人達に

どんど焼きをすることを伝えていたようですが、


現在では子どもの減少に伴い、

どんど焼きのやり方は変化しているようです。


それにしても

こどもたちでやぐらの飾りつけまでやるって

すごいですね!!


こちらは

茨城県古河市雀神社で行われた

どんど焼きの様子です。




どんど焼きの呼び方は地域によって違う?


どんど焼きを左義長と呼ぶ地域がある

ということはお伝えしましたが、

それ以外にも呼び方があります。



やははいろ(東北)

かんじょ(新潟県村上市岩船)

あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)

おんべ焼き、おんべ

御柴灯(おさいとう)山形

かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)

三九郎(さんくろう) 長野県の一部地域

さいと焼き(神奈川横須賀市鴨居八幡)

どんど焼き(山梨の一部地方)

どんどん焼き(山梨の一部地方)

どんど焼き(群馬、愛媛県南予地方)

さぎっちょ(富山、石川、福井、岐阜、高知、福岡)

しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)

とんど(奈良、広島、岡山)

とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)

道祖神祭り(神奈川、山梨の一部の地域)

とうどうさん(愛媛東予地方)

とんどさん(鳥取)

とんど正月(兵庫播磨地方)

どんどや(九州)

ほっけんぎょう(九州)

お焚き上げ



「どんと」とか「とんどさん」は

なんとなくわかりますが、

「ほっけんぎょう」や「しんめいさん」は

全く違う呼び方ですね^^



まとめ


どんど焼きは

1月14日か1月15日に行われるので、

正月飾りを捨てるのはちょっと・・・

という方は神社に行って、


どんど焼きに参加されてみてはどうでしょうか?



どんど焼きは正月を締めくくる大切な行事です。


また、時の流れとともに

どんど焼きの形は変化しているので、

今のどんど焼きが見れるのは今だけですよ。


ただ、

環境の観点から針金などは

外して燃やすことになっているので

参加するどんど焼きの主催者の

注意事項を確認してくださいね。



Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする