節分の豆まきの作法は?豆まきの由来は何?

皆さんこんにちは!

お正月が終わったと思ったら

あっという間に2月ですね・・・


2月に入るとすぐに

節分がありますよね。


豆まきというと、

家でお父さんが鬼の役をやって、

それにむかって豆を投げる

ぐらいの認識だったんですが、



そもそもなんで節分に豆をまくの?

節分の豆まきに作法ってあるの?

節分の由来って何?



などわからないことがあったので

今回は節分について

お伝えしていきたいと思います。


Sponserd Links



節分っていつなの?



現在では、

立春の前日が節分とされていますが、

本来節分は

「立春・立夏・立秋・立冬」の前日

という意味でした。



現在のように

節分=立春の前日となったのは、

江戸時代以降のことです。


なので、

節分は2月3日!

と決まっているわけではなく、

立春がいつか?ということに伴って

節分が決まるんですね。


節分の由来って?


節分は

季節の移り変わりを表す節目

と説明しましたが、


昔は、季節の変わり目には

邪気(鬼)が生じる

と考えられていました。



そしてこの邪気を追い払う為に

宮中で行われていた追儺(ついな)

という行事が

豆まきの由来とされています。


Sponsored Links

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1867135021941074"
data-ad-slot="1581718144"
data-ad-format="auto">



なんで節分に豆をまくの?


節分が

邪気(鬼)を追い払うための行事

ということはわかりました。


それではなぜ、 をまくのでしょうか?


これにはいろいろと説があって、

・鞍馬山の鬼が都を荒らしたときに、

炒った豆でその鬼の目を潰した

という故事伝説に基づくもの


・穀物に魔よけの力があるという信仰

・豆(魔目)を鬼の目に投げつけて

鬼を滅する「魔滅」という語呂合わせ


などがあります。


節分の豆まきの作法ってあるの?


それでは、節分の豆まきに

作法はあるんでしょうか?


炒った豆を使う


「節分には豆をまく」

というのは当たり前ですが

実は節分の豆まきには

炒った豆を使わなければならないんです。


実は、生の豆を使うと、

まいた豆を拾い忘れた場合、

豆から目が出てしまうことがあるんです。



この「豆から目が出る」ことが

縁起が悪い とされているため、

節分には炒った豆を使うのです。


最近は、生の豆ではなくて、

炒った豆が売られてるので便利ですね!


その他の節分の作法


●節分の豆まきは に行う。

 これは、鬼が暗くなってからやってくる

と言われているためです。


●豆まきを行う前に、

豆を神棚などの高いところにお供え する。

 これは豆に神様の力を頂くためです。




●豆は『一家の長』

もしくは『年男』『年女』 がまく。

 お父さんが鬼役!

というご家庭が多いかと思いますが、

 本来節分の豆まきを行うのは

一家の長です。


●豆をまく際には、

『鬼は外、福は内』と言う


●豆まきのあとは、

自分の年より1つ多く 豆を食べる


まとめ


今回は、

節分の豆まきについてお伝えしましたが、

いかがだったでしょうか?


私が実家にいたときは、

お父さんが鬼役やってました^^;


本来1番豆まきるべき人に鬼の役を・・・


それに節分で食べる豆の数も

年の数と同じだと思ってたんですが、

これも違いましたね。


豆まきをする場合は

作法を守って

楽しんで行ってくださいね。


Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする