七夕の由来!子供向けに説明するときはどうしたらいいの?

スポンサーリンク



3月3日の桃の節句・ひな祭り、5月5日端午の節句が終わると、次に訪れるのが7月7日の七夕です。

七夕の織姫と彦星の話は誰でも知っていて、願い事を短冊に書いて笹に飾るという風習は今でも行われていますよね。

029879
七夕の風習は日本全国で今も行われていますがし、大々的な七夕祭を行う地域もあるぐらいポピュラーなお祭りですが、七夕の詳しい由来って知っていますか?

そもそも何で七夕になると短冊に願いごとを書いて笹にかざるのか…お子さんに聞かれてすぐに答えられるでしょうか?

私もぼんやりとしか覚えていなかったので、今回は七夕の由来や子供向けに説明するときのストーリーについて調べてみました。

七夕の由来って何?

まず子供向けの七夕のお話はこちら。

天の神様には、娘がいました。

娘の名前は織姫といって、機織り(はたおり)が上手な働き者でした。

しかし ひとりぼっちだったので、神様は天の川の向こう岸にいる彦星と結婚することを許しました。

織姫も彦星も、最初はよく働きましたが、結婚したら怠けてしまって働かなくなってしまいました。

そんな二人を見て天の神様は怒りました。

罰として、二人を天の川の両岸に離ればなれにしてしまいました。

織姫が大変悲しんだので、天の神様は一年に一度7月7日だけ会うことを許しました。

七夕の日に雨が降ると、天の川の水が増えて渡れなくなります。

そのときはカササギの鳥が羽をひろげて橋を作ってくれました。

以上が七夕の子供向けのお話になります。

これならお子さんにも伝わりやすいかと思うのですがいかかでしょうか?

七夕って何をするの?

一番有名なのは短冊に願いごとを書いて笹に結ぶと願いが叶う、ですよね。

皆さんも子供の頃は短冊にお願いごとを書いて笹に飾ったことがあるんじゃないでしょうか?

願い事を笹に結び付けるのは日本独自の風習です。

これは江戸時代に庶民の間で広まった、手芸の上達を願う風習が元になっています。

現代では七夕の風習も地域によって少しずつ違いがあって、七夕に合わせてそうめんを食べたり、願い事をつるした笹を川や海に流すということを行っている地域もあるようですよ。

どうして七夕と書いて「たなばた」と読むの?

七夕は、音読みでも訓読みでも「たなばた」とはなりませんよね?
「七」が「たな」で「夕」が「ばた」なのか?と推測するしかありません

七夕はそもそも、ひな祭り用や端午の節句と同じで、中国から伝わった五節句のうちの1つで、七夕(しちせき)の節句とが元になっています。

しかし、日本の七夕はこの七夕の節句と、もうひとつの伝説をミックスしてできたものなのです!

日本には古くから棚機津女(たなばたつめ)という伝説がありました。

この棚機津女は、機織りをする女性のことを指し、機を織ってそれを神様に献上することで災いを避けることができるという伝説です。

この棚機津女(たなばたつめ)と七夕の節句を組み合わせることによって、七夕を「しちゆう」でも「ななゆう」でもなく、「たなばた」と読むようになったと言われています。

まとめ

今回は、七夕の由来を子供向けに簡単に説明いたしましたが、いかがだったでしょうか?

子供はお話形式のものが大好きなので、七夕の由来も絵本の読み聞かせをするように読んであげてくださいね。

私も知らなかった内容がかなりあったので、ぜひお子さんにも教えてあげてください。

笹を飾るだけでも楽しいですが、こういった由来を知っていれば七夕がより楽しくなるかと思います。

今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



Sponserd Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする